« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月の29件の記事

まつぼっくり

Photo_26

| | コメント (0)

プミラ

Photo_21【プミラ】クワ科

器が気に入って、これに入る植物を物色したところ、100円ショップで見つけてしまいました。

白と緑のコントラストが可愛いな!

| | コメント (4)

クレオメ

【クレオメ】Photo_25フウチョウソウ科

毎年、庭に咲いているが名前が解らなかった。

開くと蝶のような花びらが特徴的!

| | コメント (0)

秋明菊

Photo_19【しゅうめいぎく(秋明菊)】キンポウゲ科

着物の柄にありそうな花だなぁ~。

こんな和菓子もあるよね。

ピンクの花もあったが、撮影する前に散ってしまった。

天気が良すぎると写真が暗くなってしまう。

| | コメント (0)

豊作

Photo_22 【かいどう】の実

りんごに似てるが直径1㎝ぐらいにしかならない。

もう少し熟すと野鳥がきて食べていくようだ。鳥も食べれるなら人間だって食べられるよね~。

今度、味見をしてみます。

にしても豊作だわ。

| | コメント (2)

ホクシア

Photo_18 【ホクシア】アカバナ科

つぼみはまん丸なくす玉状に膨らんで、パッと花が開くとイヤリングのような可憐な花が下向きに咲くんだけど、この写真では解りづらいよな~。

空の青さだけ引き立っちゃいました。

鮮やかな赤と綺麗な紫が印象的な花です。実は木なんですよ。

| | コメント (2)

メランポジューム

Photo_20 【メランポジューム】キク科

とっても丈夫で、手のかからない花で、露地植えに最適。オレンジ色の小さな花で秋遅くまで咲いている。サルビアの赤と併せて庭に植えたら、種がこぼれて毎年咲くようになった。それもガーデニングって言えるのかな?

私が花を選ぶポイントは、1.育てやすいこと2.丈夫なこと3.長く咲くこと4.安価なこと

メランポジュームは全部クリアしてる。

| | コメント (0)

彼岸花

Photo_14 【曼珠沙華】ヒガンバナ科

毎年、秋のお彼岸の頃に咲く。

突然茎が伸びてきて鮮やかな色の花を咲かせる。

小さい頃にこの花を摘んできて祖母に怒られた記憶がある。

私の地方ではよくお墓などに植えられていたので、縁起が悪いからだと思っていたが、

実はこの花にはリコリンという毒があるそうな。

触ったからどうこうなるもんでは無いらしいが、そう言われればちょっと遠慮したくなる花である。

| | コメント (2)

イチイの赤い実

Photo_12【イチイ】イチイ科

葉っぱはモミの木に似ている。秋になると赤い実を沢山付けるのは雄だけだそうだ。

母が小さい頃はこの赤い実をよく食べたとの事なので、早速食してみるが1個では味が解らない。

五個を一気にほおばると、グミのようなほのかな甘みが感じられるが、口の中に種ばかり残り美味しいものではないなぁ~。

そう言えば、小さい頃に食べたけど今は食べなくなった物。

 1.くわご(桑の実)舌が紫色になるぐらい食べたなぁ。

 2.グミ 家にあったもんで。

 3.甘柿 まさしくおやつでした。

ありゃ、年代がばれてしまうわね~。

| | コメント (2)

金木犀

Photo_13 【キンモクセイ(金木犀)】モクセイ科

犬の散歩をしていたら、どこからともなく甘~い香りが漂ってきた。

キンモクセイが花の咲いたのを知らせてくれる。

木に近づくとオレンジ色の小さな花がびっしりと咲き誇っていてた。

よくトイレの芳香剤等に使われるが、本物の香りは全然違う。

| | コメント (2)

木漏れ日

Photo_10 秋晴れの良いお天気が続き、ここぞとばかりに洗濯三昧の日曜日。

折角だから、デジカメ片手に庭を散策すると、木々達はそれぞれに小さな実を付けていた。

徐々にアップしていくが、上の写真は【はなかいどう(花海棠)】の実。バラ科りんご属なので、直径1㎝くらいの小リンゴの様な実をつけている。

もう少し過ぎると、赤く色づいてくるだろう。残念ながら食用にはならないようだ。

また、庭の石垣を散策していると、食事中のヘビに遭遇した。まさに今、蛙を飲み込もうとしている所だった。人の気配に気づきながら、食欲優先で動かない。

ついでに私もヘビが大嫌い(好きな人は少ないだろう)で、全身の毛穴が逆立っていくような感覚で身動きがとれなくなる。

向き合うこと1分(30秒位かも)、蛙はしっかりとヘビのお腹に納まってしまった。

そう言えば先日、インターネットに牛を飲み込んだヘビの写真が載っていた。そんなヘビがのさばっている国には行きたくないよね。

| | コメント (3)

秋桜

Photo_9【コスモス(秋桜)】キク科

秋を代表する花で、この花を好きな人は多いだろう。

秋の風にそよそよ揺らぐ姿は可憐よね~。

2

秋桜と言えば・・・山口百恵派?さだまさし派??

| | コメント (4)

食べられません

Photo_8 【ミカン】ミカン科

11月頃になると色づいてミカンらしくなるが、酸っぱくて食べられない。

実はレモンも育ててるが、今年は全滅でした(>_<)

ミカンと言えば、昔、九州旅行をした時に、民家の庭先にミカンの木が植えてあるのを見て、新鮮で羨ましかった。

でも、私の生まれた所もりんごや桃、ぶどうの産地で、道路から手を伸ばせばすぐに果物を取ることが出来る環境で育っている。

お腹がすけば畑に行って、自分で収穫・・・・が出来たハズなんだけど、近くにある物ってあんまり有り難く思わないんだよね。

りんごよりもミカンが好き。ってな具合であんまり食べた記憶がない。多分今の方が食べているなぁ。

| | コメント (1)

ゆず湯

Jpg_1 【鬼ゆず】みかん科

大きさにビックリ!直径15㎝位に育ちます。

我が家では食用ではなく、ゆず湯としてお風呂に入れます。

特に、冬至の頃にゆず湯に入ると「風邪を引かない」と言われますが、確かに血行が良くなり暖まりますね。柑橘系の爽やかな香りだけでもリラックス効果あり。

お湯も柔らかくなり、ビタミンCでお肌もスベスベよ。

今年は3個実を付けましたが、1個は早くも腐ってしまいました(>_<)

| | コメント (4)

自然の恵み

Photo_7 【キクイモ】キク科

芋は食べられるらしいが見たことがない。

畑の隅っこに自生している。

そういえばカボチャも土手に自生した物を食べているんだっけ。

見渡せば・・・春はふきのとう、たけのこ、たらの芽、ワラビで夏はふき、んで秋は栗やきのこ(生えてくるが、きのこは食用に適しているがどうかが見分けられないので×かな)と食材は豊富である。

多分知らないだけで、探せばもっと食べられるものがあるんだろうなぁ~。

| | コメント (2)

キキョウ

Photo_6 【キキョウ(桔梗)】キキョウ科

2 花が開く前のつぼみが風船のようにぱんぱんにふくらんでいる状態がとても愛らしい。

でも、そのつぼみを指で潰したい症状を押さえるのも苦労です。

こうゆう綺麗なブルーの着物が欲しいなぁ~。着ていくところが無いけれどね。

| | コメント (0)

でかっ!

Dscf0038 何に見える??

Dscf0041_1 いわき市好間にある白土屋さんの特大シュークリームをいただきましたDscf0042 。直径20㎝以上あります。

シュークリームというよりホールのケーキって感じかな。

皮は意外と固く、中身は生クリームたっぷり。甘い物好きには堪えられないっす。

このお店、よくテレビとかガイドブックにも紹介されている有名店です。

これよりも大きな超特大ってのがあるらしい。

| | コメント (2)

何点

Photo_2ナンテン( 南天)【ヘギ科】

難転という同音から、魔避けとして鬼門や水周りなどに植えられていた。

昔は結婚式の赤飯の包み紙にも描かれていたなぁ。

ナンテンと言えば雪ウサギ!実は赤い目に、葉っぱは耳に。

| | コメント (0)

ダリア?

Dscf0002 多分ダリアだと思う。でもキク系のような感じもするなぁ。

黄色い花って元気が出るよね。

この頃の雨で、庭の花達もストレス気味。

花の咲きも遅くなったし、そろそろ植え替えの時期かな?

| | コメント (0)

トウワタ

Dscf0003 ヤナギトウワタ(柳唐綿)【ガガイモ科】

庭には名前の解らない花や木が多々ある。気が付くとそこに生えていたとか、綺麗だから貰ってきたとかで育て方や種類もさっぱり解らない。

でも毎年花を咲かせるので、とりあえずみんな丈夫である。

トウワタは花が終わるとタンポポの様な綿毛状の種になる。

| | コメント (0)

ソフトバレー

地区のイベントでソフトバレーの大会に参加した。

今までも何度かソフトバレーの試合は体験したが、毎回プレーの未熟さに落胆してしまう。

バレーボール歴○十年(経歴だけは長い)の私は、他の人よりはいささか「上手い」と思われがちだが・・・これが意外と難しい。

思うようにボールを扱うことが出来ない。特にアンダーパスは最悪。自分の意に反してあっちゃこっちゃにボールが飛んでいく。こんなハズでは~っと落ち込むことしかり。

ネットの高さも低いので簡単にアタックが打てそうだが、力の入り加減でまたとんでもないところに飛んでいったりして。

ぶっつけ本番のコミュニケーションを兼ねたイベントだが、負けるとやっぱり悔しい。

ソフトバレーは・・・・かなり深いね!!

| | コメント (2)

コリウス2種

Dscf0022 Dscf0024 【栄養系コリウス】シソ科

  ←こちらが【ホワイトカンプ】       

Dscf0025_1

←んで、こちらが【ときめきリンダ】

秋から冬にかけて、花壇が寂しくなる時期にこの葉っぱ達が元気に彩りを添えてくれるでしょう。生育が早くて、植え替えしてから2週間で1.5倍に成長しました(*^_^*)

これからはピンチして形を整えて行かねば。

| | コメント (2)

贅沢な悩み

Dscf0026 【ナス】ナス科

夕飯の献立には毎日頭を痛める。

何を食べようかってことよりも、この野菜をどうやって胃袋に納めようかってことで、その日のメニューが決まる。

我が家でも小さいながら家庭菜園で、季節季節の野菜を食べることが出来るが、それ以上に近所から戴くことが多い。

この時期は「ナス・キュウリ・インゲン」が多い。しかも大量、しかも巨大である。

収穫最盛期ともなれば、「食べてくなんしょ~」ってな具合で様々な野菜達がご近所さんを渡り歩く。

4人家族にナス40個ってどうよ?

レパートリーの少ない私は、毎日ナスとにらめっこしてご機嫌を伺っています(^_^;)

| | コメント (0)

秋の装い

Dscf0021 【コリウス】シソ科

コリウスもいろんな種類があるよね~。

葉っぱだけでも存在感ありです。

生育が早いので、ピンチの仕方によって色んな形に育てることが出来ます。

60㎝位に育てることも可能とか。コリウスは木ではなく草ですよ。

| | コメント (0)

クジャク

Dscf0030 父の趣味で我が家には鳥類が十何種類かおり、小さな動物園化している。

その中でも一番スペースをとっているのが、このクジャク達。

Dscf0032 全部で4羽いるが、とにかくウルサイ。

クジャクの鳴き声って聞いたことがある??

繁殖期の猫の鳴き声に似ているんだって。

日中はよく羽を広げているらしい(KARUは警戒されているらしく、その姿を見ることがない)

今度チャンスがあったら、羽を広げた写真をアップしますね。

| | コメント (0)

丈夫です

Photo_5【イトバハルシャギク】キク科

コスモスに似た黄色の鮮やかな花。

漢字で書くと「糸葉ハルシャ菊」だって。

夏の暑さにも負けず、冬の凍てついた寒さにも負けない、丈夫な体をもち・・・・

で、いつの間にか雑草化してしまいました(^^;)

| | コメント (0)

この花は何でしょう

Dscf0015_1 【アピオス】  マメ科

薄紫色の花を咲かせて、スミレのようなにおいがします。

実は下の写真のような芋の花です。

芋はジャPhoto_1ガイモの30倍のカルシウム、鉄分は4倍etc・・・とにかく良いらしい(^_^;)

味はサツマイモ+クリ+ジャガイモのような味です。ダイエットに最適ってことで今年栽培してみました。

収穫は11月頃、今はツルを伸ばして花盛りです。

花も乾燥させてお茶にすれば疲労回復・美容に良いってことですよ。

この芋を作っている人は少ないだろうなぁ~。

| | コメント (2)

名前が解らない

Dscf0006 【???】??科

母が10年ほど前に、知人より譲り受けた物。

多肉植物のような肉厚の葉っぱにマツバギクのような花です。

心当たりある方、教えてください。

| | コメント (3)

花じゃぁないよ!

【白牡丹 エケベリア】ベンケイソウ科

Dscf0007_1 多肉植物で、これだけで存在感あり。

寄せ植えにも良いですよ。

本当の花は花びらに見える葉っぱ?の間からニョキニョキと伸びてきます。

葉さしで簡単に増やせます。子株がいっぱいありますので、欲しい方、連絡ください(^_^;)

| | コメント (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »