« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の54件の記事

スイレン

Photo_201 

【睡蓮】

池に睡蓮の花が咲きました。

葉っぱに切れ込みがあるのが睡蓮の特徴。

Photo_200 近づいてみると、意外とくたびれている。

夕方になると花が閉じてしまうので、なかなか開いているところを見ることが出来ないのよね~。

実はこのとき、一緒に散歩していたMOKOが池に落っこちました。ちゃんと犬かきで泳いでましたけど・・・・。

| | コメント (3)

ヨレスギ

Photo_190

いつ見ても、この巻き加減が絶妙なのよね~。

特に冬はさび色に変わって、不思議な杉です。

冬の様相Photo_191 

| | コメント (2)

バーベナ

Photo_150 【美女桜】クマツヅラ科

バーベナも色んな種類がありますね。

小さな花がまとまって咲いていると、ついつい目が留まってしまう。

| | コメント (0)

スナップエンドウ

Photo_194父が秋に撒いたスナップエンドウがようやく収穫の時となりました。

農業初心者のものばかりでの収穫。

大きさは?こんなんで良いの??と見よう見まね。

中腰体制での収穫は結構疲れる。

父はこんな作業をず~っとやっていたのだなぁと改めて大変さを実感した。

Photo_195 食べ頃はちょっと膨らんだこの位の大きさです。

茹でてマヨネーズで食べるのが一番美味しいなぁ~。

Photo_196 こちらはアケビの実。

花は→アケビの花でした。

| | コメント (1)

トレニア

Photo_173 【トレニア】ゴマノハグサ科

春から秋口まで、次から次へと花を咲かせてくれます。

こまめに花殻を摘んでね!!

| | コメント (0)

アッツ桜

Photo_160 【アッツサクラ】キンバイザサ科

背丈が高くなく、寄せ植えに向いてる花ではないでしょうか。

素朴さが山野草のような雰囲気がありますね。

| | コメント (0)

ツツジ

Photo_161

今、庭で一番賑わっているのがPhoto_162ツツジの花達。

愛らしいピンク、燃える赤、透き通った白・・・・色とりどりの花があちらこちらで目にするが、花が咲いて初めて、そこにツツジの木があったことに気が付く。

この花が終わると、庭は一気に彩りを失い、緑の樹木は一層色濃く茂ってくる。

もう夏なのね・・・・。

Photo_192

| | コメント (0)

エゾフウロ

Photo_156

【蝦夷風露】フウロソウ科

松の木の下にひっそりと咲いてました。多年草で結構増えますが、今までは雑草かと思ってむしってました。。。

こんなに可愛い花なのにね!

Photo_181この花の名前は解らない。

シバザクラよりも大きな花で・・・。

解る方がいましたら教えて下さい。

結構見かけるんだけどな~~。

| | コメント (2)

おだまき

Photo_167 【苧環】キンポウゲ科

今頃にクリスマスローズの花??と思っていたら、オダマキの花でした。

| | コメント (0)

モミジとカエデ

Photo_165 松の木の下を覗いてみると、モミジとカエデの新芽が出ていた。

まだ双葉も残っている。

| | コメント (0)

姫ライラック

Photo_184

【姫ライラック(ハシドイ)】モクセイ科

ライラックより花が小振りで、匂いがPhoto_185きつくないですよ。

リラとかライラックなんて素敵な名前だよね。

| | コメント (0)

ミヤコワスレ

Photo_157 義母が大切に育てているミヤコワスレの花。

薄紫とピンクの花がありますが、これが結構増えるんですね。

植えた時は一株だったのに、今ではミヤコワスレ群となり家庭菜園エリアを浸食しております。

株分け、挿し芽でも増やせます。

Photo_170

| | コメント (0)

モミジの花

Photo_142

モミジの花と新芽Photo_143 

| | コメント (0)

牡丹

Photo_183花の期間は短くて、2・3日で散ってしまいます。

雨に濡れる牡丹の花も絵になるな~。

でも、こんな造花あったような???

| | コメント (0)

ヤツデの新芽

Photo_141 メリメリって音が聞こえてきそうな・・・・

| | コメント (0)

モミジ

Photo_174 紅葉を思わせるモミジの葉っぱですが、今はまだ5月です。

一雨ごとに緑が濃くなる今の時期に、モミジの赤が目立ちます。

| | コメント (0)

ナナカマドの花

Photo_155やっと咲きましたナナカマドの花。

米粒ぐらいのちっちゃな花が集まって可愛いでしょ!!

| | コメント (2)

似たもの同士

Photo_166 【マーガレット】キク科

毎年植えっぱなしでも花が咲きます。

友人は買った時にはピンクの花だったのに、暫くしたら白色になってしまったのこと。

土によっても変わるのかなぁ~。

Photo_171 【ノースポール】

マーガレットよりも一回り花が小さいですが、かなり丈夫です。

こちらもこぼれ種から芽を出しました。

| | コメント (0)

ネモフィラ

Photo_158 こぼれ種から、また今年もネモフィラの花が咲きました♪

スカイブルーと白の組み合わせって爽やかだな~。

ネモフィラも白・黒・模様入りとあるけれど、私はやっぱりこの色合わせが好きだな~。

来年の春は「ネモフィラの丘」に行くぞ~~。

| | コメント (0)

父の想い

Midori いつの間にか季節は巡り、夏へと駆け足で変わろうとしている。

実父が亡くなって、4ヶ月が経とうとしている。

父が私達に残してくれたものは・・・・・沢山の想い出と、そして庭木である。

父も花や木が好きだった。

私の生まれた地域では、5月初旬になると各地で「苗木市」なるものが開催される。

農家の人達が畑に植えるネギや里芋、カボチャなどの苗を販売するかたわら、花木の苗も販売している。

毎年、ゴールデンウィークの頃になると、今日は○○地区、明日は◇◇地区と移動しながら「苗木市」が開催され、ちょっとした出店も開かれるので、お祭り気分で毎年父と出かけていた。

今年は・・・・行く必要が無くなってしまった。

父のことを思い出すと未だに胸が苦しくなる。

生前父が言っていた言葉。「この庭を見る度に俺の事を思い出してくれるかなぁ~」。

まさにその通りになってしまった。

父の庭には高価な花木はないが、季節季節に花が咲き、実が成り、いつでも私達を楽しませてくれる。

「苗木市」で買った花木が今も元気に根付いて、私達を見守っていてくれる。

それが父の想いなのだろう。

庭の花木を見る度に父が言った言葉が思い出される。

| | コメント (2)

ツリガネズイセン

Photo_153 【釣鐘水仙】ユリ科

ホタルブクロを思わせる花で、下向きに咲きます。

雑草に埋もれて咲いたのに気が付きませんでした。

奥の方に写っているのが、紫色の種類です。

| | コメント (0)

ガザニア

Photo_148【勲章菊】キク科

2年目のガザニア。

無事に冬を越し、いっぱい花を咲かせてくれました。

春先から晩秋まで大活躍、とにかく丈夫な花ですね。

私の大好きな花です!!

色もカラフルなので、これから苗を購入する方、お勧めですよ。

Photo_149 昨年のガザニアです。

気がつけば・・・・いろんな種類を揃えちまった~。

| | コメント (0)

フジも見頃です。

Photo_168 Photo_164

敷地の隅っこにある藤の木。

蕾の頃、どんな風に花が咲くのか楽しみにしていたら、この頃の陽気で一気に花が咲いてしまった。

また今年も房に延びていく瞬間を見逃してしまった。Photo_169

我が家のフジの花、普通より色が濃い種類です。

| | コメント (0)

サラサドウダン

【更紗灯台】Photo_151 Photo_152 ツツジ科

よく見かけるドウダンツツジと似てます。

赤のストライプが素敵でしょ!!

庭の目立つところに植えてある木なのに、今まで花には気づきもしなかったの。

下向きに咲いていて、葉っぱに隠れてたのね。

秋には赤く紅葉します!

| | コメント (0)

西洋十二単

Photo_144 【セイヨウジュウニヒトエ(アジュガ)】シソ科

紫色の小さな花が何層にも重なって咲きます。

毎年、石の間から顔を出してくれますね。

| | コメント (0)

見頃です!

Photo_154 【牡丹】ボタン科

直径15㎝程の大輪の花。

私に絵心があれば、描きたいと思うほど、見事に咲き誇ってます。

この花びら感が好きだな~。

| | コメント (2)

ブルーデージー

Photo_132 【瑠璃雛菊】キク科

私のガーデニングエリアには青い花が多い。

単に青い色が好きなんだけど、デージーの可憐さが癒されるな~。

| | コメント (4)

ヤグルマキク

Photo_128 【矢車菊】キク科

ず~っとヤグルマソウって名前だと思ってたけど、ヤグルマソウって別の植物なんだよ!って義母に教えてやった。

義母曰く、「人生死ぬまで勉強だない」と、

70歳の義母、深い・・・・・。

先日の母の日には一緒に温泉に行って、プレゼントと言って背中を洗ってやった。

なんとも安上がりなプレゼントだった。

| | コメント (0)

アイスランドポピー

Photo_130ケシ科

花びらが和紙のような風合いです。

Photo_139 【ナガミヒナゲシ】ケシ科

こちらは、植えたわけではないのに、畑の脇に咲いていました。

| | コメント (2)

アルメリア

Photo_129 【浜かんざし】イソマツ科

小さい花が集まって咲いてます。

この花は、母が知人から戴いてきたもの。

寒さにも強い種類とのことなので、来年も花が咲くのを楽しみにしてましょ!!

| | コメント (2)

チョコレート色の花

Photo_135

この花の名前が解る人います??

私も花だけ見たら全然解らなかった。

蕾の頃は幼虫が丸まっているみたいだし・・・・。

ヒント

秋になると実がなります。

その実は食べられます。

蔓状に延びます。

って、そんなの沢山あるわなぁ~。l

Photo_136 

答えは→こちらです。

実からは想像出来ない可愛い花ですね。

| | コメント (0)

黄水仙

Photo_123 水仙でもこちらは直径2㎝ほどの小さな種類です。

葉っぱだけ見ると、ニラ??って思ってました。

食べなくてよかった(^_^;)

| | コメント (0)

モクレン

Photo_119 【木蓮】モクレン科

直径10㎝程の見応えのある紫色のモクレンの花が咲きました。

白色→モクレンはシロモクレン(名前の通りだわ)より半月程後に咲き始めます。

我が家の花木達。たいした手入れもしていないのに、毎年ちゃんと花を咲かせてくれて・・・・。

ありがとさんです。

Photo_120

| | コメント (0)

ミカイドウ

Photo_113【実海棠(ナガサキリンゴ)】バラ科

つぼみの頃はこんなに赤いのに花が咲くと真っ白なんですよ。

花だけ見ると「林檎の花」に似ています。

っと、実もそっくりなんだっけ。

秋の頃はこちら→カイドウをクリックしてね!!

ちなみにこちら→花海棠は実はなりません!!!

Photo_114 

Photo_116

| | コメント (2)

リンゴ

Photo_126 桜や桃の花が終わると、私の実家の回りでは林檎や梨の花が一斉に咲き出します。

花を見ただけでは普通は見分けがつかないよね~。→

でも梨の花は真っ白だけど、林檎の花はほんのりとピンクがかっていてるんですよ。

実を大きく育てるためには、摘花と言って、名前の通り花を摘みます。

花が終わってから実を選るのは摘果。

どちらにしても、一本の枝にどのくらい実を成らせるか考えながら行う作業なので、ちと難しい。私も毎年手伝います。

この花が秋には大きな林檎となって収穫されることを想像すると楽しみだね。

| | コメント (0)

ハナミズキ

Photo_122 【花水木】ミズキ科

この木は結婚記念に庭に植えた(頂き物ですが)「アメリカハナミズキ」です。よく街路樹としても見かけるよね。

私の大好きな花木です。

植えたときには私の身長よりも小さかったのに、今では見上げるほどの高さになっています。

気がつけば・・・・そんなに年月がたっていたのね~~。

ピンク色の木もありますが、何故か咲くのが遅いんですよ。

| | コメント (2)

ニワウメ

Photo_146【庭梅】 バラ科

| | コメント (0)

エビネ

Photo_117 【海老根】ラン科

母が大切に育てているエビネの花。

先日ホームセンターで売られているのを見たら、黄色や赤色もあるんだね~。

Photo_118

| | コメント (0)

ドウダンツツジ

Photo_107

【燈台躑躅】Photo_108 ツツジ科

壷をひっくり返したような白い小さな花がたくさん咲きます。

よく垣根に使われますよね。

秋になると葉っぱが紅葉する姿も素敵よ!!

枝を揺さぶると音が聞こえてきそうだと思わない??

| | コメント (0)

あしかがフラワーパーク2

Photo_137

家の藤の花ももうすぐ見頃となります。

写真は「あしかがフラワーパーク」の藤の花。

花も多いが人も多い、そして一番忙しかったのはハチでしょう。

Photo_140

パーク内で見つけたピンクの花!

ひな鳥が宙づりされているように見えるのは私だけでしょうか。

誰か名前を教えて下さい。

| | コメント (0)

シロヤマブキ

Photo_124

【白山吹】バラ科

ヤマブキと言えば黄色い花を思い浮かべるが、こちらは白色です。

秋には黒い実がなるよ。

今、私の家の周りでは、山菜戦争が起きている。

戦争ってのは大げさだが、タラの芽やらワラビ、フキを家の畑に植えていたのに、そろそろ食べ頃かなぁ~っと思って畑に行ってみると、既に採られてしまっていた。

タラの芽にいたっては、枝ごと切り落とされている。

山菜は山のもの・・・・と言われればしょうがないが、雑草を刈り、肥料をやり手入れをしていた畑である。連休中に親戚の人が来たら食べさせてやろうって思ってたのに。

結局、近所の直売所から購入し、ふるまった次第である。

近所には、山菜を専門に栽培し、販売している人もいる。その畑も被害にあっているそうだ。

畑に柵を張り巡らす程ではないが、旬のもの、自分家で採れたものって思いがあるだけに、がっかりしている人もいるだろう。

教訓:採られる前に採る!!ってことで、母は毎朝4時起きしてワラビ畑に出向いている。

ご苦労なこった~。

| | コメント (0)

八重ヤマブキ

Photo_111

【ヤマブキ】バラ科

山肌に黄色いヤマブキの花が顔を出すと、初夏を感じる。

普通のヤマブキはPhoto_112五弁だが、我が家の庭先に咲いていたのは花びらが多い八重ヤマブキでした。。

黄色が眩しいね~。

| | コメント (0)

牡丹桜

Photo_121

【八重桜】バラ科

「桜の花見ソメイヨシノだけではないよ。まだまだ私にまかせって」ってぐらい、たわわに咲く牡丹桜。

花達ってどうしてこうも綺麗なんだろう~~。

その一瞬の輝きを見逃さないように、カメラ片手に庭を駆け回っている私です。

| | コメント (1)

菊桃

Photo_109

花桃にもいろんな種類があるんだね~。

濃いピンクが鮮やかで、遠くからでも花が良く見えます。

名前の通り、花びらが菊のように細かいPhoto_110種類です。

花の重みで枝がしなってるんですけど~~。

| | コメント (0)

八重桃

Photo_105

この花も花桃の種類です。

実がならない桃はみんな花桃と呼ぶそうですよ。

ほうき桃に菊桃、そして八重桃とまさに花盛り。

我が家の庭は今が一番賑やかだわ~~。

Photo_106

すんごい花の数でしょ!!

| | コメント (2)

あしかがフラワーパーク

Photo_98連休中に念願の「あしかがフラワーパーク」に行ってきた。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で樹木医の塚本こなみさんの活動を見てから、どうしても大藤を見に行きたかった。

連休中と藤の花の見頃ということで、園内は観光客でいっぱい。

お目当ての大藤は・・・・。

藤の花のカーテン?Photo_99あたり一面に藤の匂いに包まれて圧倒される。

一本の木からどれくらいの花が咲いているのだろう?大きさは体育館1個分位に伸びている。

まさにすごいの一言!!

藤の房が風に揺れてなんとも幻想的な空間でした。

Photo_104   

園内は数種類の藤の花の他にサツキやらチューリップ・・・至る所に花が咲き乱れており、「花園」。何処を見ても花が溢れていて、咲く時期を合わせるのは大変だろうなぁ~と余計な心配。

ひとつ残念なことは、もう一つのメインの「白藤のトンネル」が早すぎて見られなかったこと。

私の行った3日後には満開になっていたそうです。

来年の楽しみにしよ~っと!

Photo_103

| | コメント (2)

炉端君

Img_0973_2 連休最後の昨日は豪華ディナーでした。

と言っても、旦那が海釣りに行ったので、釣ってきた魚を焼いただけ。

我が家では写真のような「ろばた焼き」をよく使います。

陶器で出来た卓上炉端焼きです。真ん中に炭を入れ、回りの縁に串を刺して焼き上げます。炭を熾す手間はありますが、余分な水分が抜け、こんがりと魚が焼けて身はホクホク。

同じ魚でもガス台で焼いたものより断然美味しい。

我が家ではバーベキューにも「炉端君」が大活躍!

ちはみに写真の魚は「メバル・アイナメ・カレイ」でした。

| | コメント (2)

キャラボク

Photo_95キャラボクの新芽です。

秋になると→キャラボクの実真っ赤な実をたくさん付けてくれます。

| | コメント (0)

牡丹のつぼみ

Photo_87日増しに大きくなっていく牡丹のつぼみ。

大輪の花が楽しみだな~。

先日、地元に「ふるさときゃらばん」のミュージカルが来たので見に行った。

ミュージカルとか演劇とかに特に興味があるわけではないが、この「ふるさときゃらばん」は、身近な題材を取り上げ、親しみやすく楽しめる内容なので、毎回見に行っている。

私は、今回で5回目。旦那と二人で見に言った。

今回は「地元消防団の活動」を主軸に、地域とのつながりを面白可笑しく(解りやすい)内容だった。また劇中に地元の地名や方言を取り入れているあたりで、ドッと歓声が湧く。

さすが、ツボを得ている。

そして、劇団員の動きに釘付けになり、自分も劇中の地域住民の一人になって楽しむことが出来た。

私の旦那も数年前まで「地元消防団」に所属していたので、朝早くの漕法訓練やら観閲式等の消防団行事のくだりには反応していた。

その中で私が気になったのは「半鐘」である。

私の近所にも「半鐘」は・・・・ある。

私が子供の頃は火事があると、消防団員が「半鐘」を打ち鳴らしていたのを見た記憶がある。「半鐘」は火事の発生を知らせる鳴らし方と、鎮火の鳴らし方があるそうだ。(今回の劇で始めて知った)

今はポンプ車のサイレン、防災無線の火災警報(私の地域だけかも)で、火事の発生を知ることが出来る。

どちらにしても嫌な音であるが、今は「半鐘」は使われることはない。

でも、気にしてみてみると、結構いろんな所で「半鐘」は残っているものだ。

今度ドライブの合間にでも「半鐘」探しをしてみてね。

| | コメント (0)

ウルイ

Photo_93グリーンのストライプが素敵なウルイの葉っぱ。

若葉は天ぷらやお浸しにして食べられます。

昨日の夕飯は「タラの芽、コシアブラ、ウルイ」の天ぷら三種盛りでした。

| | コメント (0)

葉団扇楓

Photo_91【はうちわかえで】カエデ科

花だけ見ると何の木だか解らなかった。

楓の花ってあんまり見る機会がないよね~。

私も秋に紅葉する葉っぱしかイメージが無かったが、こんな可愛らしい花が咲きました。

モミジもちゃんと花が咲くんだよ。今度アップしますね!

| | コメント (3)

春紫苑

Photo_88 【ハルジオン】キク科

今の時期、野山でよく見かけるピンク色の花です。

ヒメジオン(白色)とよく似てますが、ヒメジオンより先に咲きます。

また、茎が空洞になっているのが特徴。

見かけたら調べてみてね。

| | コメント (2)

ナナカマド

Photo_86 【七竈】バラ科

ナナカマドと言えば、秋によく見る真っ赤な赤い実を思い浮かべるが、初夏には白い花も咲きます。

このナナカマドの木には思い出があります。

私が10年前に北海道旅行に行く時に、祖母にお土産は何がよい?と訪ねると、「ナナカマドの木を買ってきて欲しい」とのこと。

ナナカマドの木は、私の住んでいる所でも、ちょっと山に入れば見つけられる何処にでもある木だ。

それを何故お土産に??っと聞くと「昔、亡くなった祖父が北海道に旅行に行った時に買ってきた思い出の木」なのだそうだ。

しかし、その木は枯れてしまったとのこと。

祖母にとってはただの木ではなく、「北海道で買ったナナカマドの木」は色んな思い出が詰まった木だったようだ。

そんな話を聞いたからには買って来るしかない。

しかし、北海道の土産物屋を回ってもそんなものを土産として買う人はいないのだろう、何処にも置いてない。

諦めかけてると、昼食に入った食堂の店先に雑然と苗木類が並べられていた。

店の人に聞くと、その中に2本だけナナカマドの苗木があったのだ。

それを1本(1,000円)で購入し、飛行機を使って持ってきたのである。

祖母に渡した時の嬉しそうな顔は今でも忘れない。

そんな思い出の木も今では我が家の庭にしっかりと根付き、直径10㎝の立派な木として育っている。

3年前に祖母は亡くなったが、その木を見るたびに一緒に植えた時のことや祖母の笑顔が思い出される。

今年も真っ赤な実をたくさん実らせてくれることだろう。

| | コメント (3)

ハナダイコン

Photo_85 【花大根】アブラナ科

黄色の菜の花にも似てるし、白色の大根の花にも似ているけど、このまま育てていても大根にはなりません。

ゴールデンウィークに入って、天気の良い日が続いて・・・・

毎日、カーテンやらシーツを洗ったり冬物を片付けたりと洗濯三昧です。

洗った物がどんどん乾くと気持ちが良いものですね。

また、日頃は気になるけど、気にしないようにしていた所を片付けたり、休みの日にしか出来ない(やらない)掃除とか、仕事をしているより忙しいんだけど・・・。

ガーデニングの土をいじってみたり、プランターを出してみたり、結局片付かない。

今日からは天気が崩れるとの予報なので、家でまったりとしましょうか~~。

| | コメント (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »