« ジャノヒゲ | トップページ | 白南天 »

だんごさし

Photo_2 1月15日は小正月。

私の地方ではこの小正月にだんごさしを飾ります。

だんごさしとは・・・・

みずきの木(だんごの木)に麩で出来た鯛や小槌・大判・俵など色とりどりの縁起物と、米粉を練って丸めた(ダンゴ)を刺し飾ります。

詳しくは解りませんが、昔は砕けた米をムダにしないようにダンゴを作り、豊作祈願、一家繁栄、無病息災の願いを込めて飾るようです。

今ではこの「だんごさし」を飾っている家も少なくなっているようですね。

20日頃まで飾り、終わるとダンゴは火であぶり焼き目を付けて食べたり、油で揚げて砂糖醤油にからめて食べたりします。

子供の頃は、おやつとして食べていました。

このような年中行事を忘れないで出来るのも、義父、義母が元気でいてくれるからです。

有り難いですね。

|

« ジャノヒゲ | トップページ | 白南天 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

karuさん、だんごさしというのですね、雑誌で見たような気がします。近頃はしめ飾りもしない家があるとか、古いといわれてもこのような風習は残していきたいですね。伝統にもっと配慮がほしいと思います。

投稿: とんぼ | 2008年1月22日 (火) 07時20分

とんぼさん
伝統行事は大切にしたいですね。
近所の幼稚園では、地元のお年寄りと一緒にダンゴサシを飾るイベントがあります。
色とりどりで花が咲いたように賑やかです!

投稿: karu | 2008年1月22日 (火) 21時10分

karuさん
だんごさし始めて知りました。
だんだん昔の風習が無くなり淋しく
思うのは若くない証拠でしょうか?
可愛いくて素敵な伝統行事ですね。何時までも
残しておきたいですね。

投稿: すみれ | 2008年1月23日 (水) 16時44分

すみれさん こんにちは
ダンゴサシは、福島・山形県に伝わる伝統行事のようです。
時期になると、近くのお店で飾り付け用の麩が売られていますが、田舎でさえ伝統行事をやらないところが増えてますね。
私も若くないので寂しく思いますよ。

投稿: karu | 2008年1月25日 (金) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャノヒゲ | トップページ | 白南天 »