« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の31件の記事

マユミとツリバナ

Photo

なんとも控えめな色合いの花はツリバナです。

実の頃←はこんなでした。

風にゆらゆらと揺れて、撮影が難しいの~。

Photo_3

そしてこちらがマユミです。

この花が秋になると赤い実がなるのよね。

秋の様子

Photo_6 小さな花がた~くさん咲いてます。

花の頃、実の頃で姿形を変える植物に、目が離せませんね!!

| | コメント (6)

水辺の花

Photo_2 曇り空で今にも雨が降り出しそうなお天気です。

季節は変わり、池の周りにはアヤメやショウブの花が咲き始めました。

この池には、もうすぐ睡蓮の花も咲くことでしょう。

Photo_3

Photo_4 そしてこちらは井戸の周り咲いている【クレソン】アブラナ科の花です。

よく見るとバコバに似てますね。

食用として、天ぷらやサラダでも美味しいよ。

| | コメント (4)

シャクヤク

Photo

雨模様の中、色鮮やかなシャクヤクの花!

花の豪華さはピカイチshineね。

Photo_2 ボタンの花と似てますが、ボタンは木でシャクヤクは草なのよね~。

大輪の花は、切り花にしても見事です。部屋が明るくなりますね。

幾重にも重なる花びら・・・・何枚あるんだろう??

| | コメント (4)

実のなる花

昨年、知人に戴いた「ポポー」がと~っても美味しくて、早速、種を育ててみたが、芽は出なかった。↓

ポポー初試食の様子

「ポポー」という果物を知る人は少ないと思うが、一体どんな花が咲くのか興味津々。

近所の家でもポポーを作っているとのことなので、花が咲いたら教えて欲しいとお願いしていた。

と、お願いしたことすら忘れた頃、ポポーの花が咲いたとの連絡。

雨模様の夕方で、上手く撮影出来なかったが、ポポーの花はこんなです。

Photo_4

初対面のポポーの木は、柿の木にも似ている。

直径3㎝程の花が緑色から赤褐色に変化し落下するという。Photo_2

花の中には既にポポーの赤ちゃんが見られるよ。

綺麗な花じゃないけど、実の成長が楽しみだわ!

Photo_3 こちらは、ポポーの木の隣に植えてあった「キウイ」の蕾です。

直径1㎝程の蕾だけど、産毛が見られ、既にキウイの様相である。

どちらも楽しみな実だね。

今度は実の成る頃にお邪魔したいな~。

| | コメント (4)

サラサドウダン

Photo_3 ピンぼけですが、赤い花が徐々に変化して、

Photo_4 クリーム色に赤いストライプが表れます。

ツツジ科で漢字で書くと、更紗灯台、更紗満天星て言います。

Photo_5 小さな花が鈴なりに咲いて賑わいを見せてます。

| | コメント (4)

ちっちゃな花達

Photo_3 米粒ほどのちっちゃい花が集まって、花を咲かせていたのは【ナナカマド】

Photo

引き続き、満開の【姫ライラック】です。Photo_2

雨の日は花も落ち着いて見えますね。

| | コメント (6)

ピンクの花達

Photo 下向きに咲くオダマキの花。

キンボウゲ科の花で色も多色出回ってますね。

花の作りが面白く、ついのぞき込んでみたくなります。

Photo_2 こちらは姫ライラックです。

ライラックよりも一回り花が小さいですが、枝いっぱいに花を咲かせて、辺りに良い香りを漂わせています。

優しい色合いのピンクの花は、心を和ませてくれますね。

| | コメント (4)

またまた今年も

裏山にコンニャクの花が咲きました。

Photo_14

昨年は何の植物か解らず、興味津々で観察したのですが、→昨年の様子、今年は感動すらしない。

どっから花で、どっからが茎??

不思議な花である。

| | コメント (10)

求愛のポーズ

Photo_4

バサバサッという音と共に羽を広げた孔雀。

義父のペット?である。

羽を広げるのは求愛のポーズなんだよね。

また、拍手をしてやると、より一層羽を広げて、艶やかな姿を見せてくれるから不思議~。Photo_6

形が可愛くて衝動買いしたマーガレットheart04

スプレー菊のような花びらが気に入っちゃいました。Photo_7

こちらは、自宅で育てているネモフィラ。

徐々に咲く花が小さくなっていくのは、盛りを過ぎたせい??

| | コメント (4)

柑橘類の花

Photo_11

義父が育てているミカンに花が咲きました。

今年は花付きもよく、白い蕾が沢山あります。

でもこの中から数個だけ残して実を育てます。

Photo_12

こちらは夏ミカンのような大きな実がなります。

まだ蕾ですが、既にミカンの様な様相ですね。

Photo_13 ピンクの蕾はレモンです。

昨年は全滅だったので、今年は期待しています。

柑橘系の花は、どれもジャスミンのような良い香りがしますよ。

| | コメント (6)

牡丹

Photo_7

にぎりこぶし大の蕾が徐々に膨らんで、Photo_8

ピンク色の花びらが姿を現しました。

Photo_9

華やかな牡丹の花も、雨の日はより一層艶やかに見えますね。

雨の日ならではの風景。雨粒が葉っぱの上で踊っているように見える。Photo_10

| | コメント (2)

アケビの花

Photo_6

【ミツバアケビ(三葉木通)】Photo_8濃紫色のアケビの花!

アケビと言えば、実を思い出すが、花も趣があります。

アケビの花は上の方に大きく咲いている花が雌花、下に小さく咲いているのが雄花です。

亡くなった父は、アケビが好きで、庭にアケビ棚を作っておりました。

今は食べる人がいないのに、毎年たくさんのアケビを実らせています。

今年もきっと豊作だねshine

| | コメント (4)

サツキとツツジの宴

日増しに新緑が色濃くなり、山の木々も賑わいをみせてきましたね。

我が家の庭でも、5月に入ってから次々とサツキ類、ツツジ類の開花ラッシュを迎えております。今日はその一部をご紹介します。

Photo

眩しいほどのオレンジの花Photo_2

燃え立つよう赤

Photo_3

とにかく、溢れるように咲いてます。Photo_4

花びらをふたつ重ねたような花。

Photo_5

緑の中に白いサツキは存在感ありますよ。Photo_6

黄色のサツキは珍しい?

Niwa 一年を通して、今が一番賑やかな庭です。

木々の間をくぐっての草むしりが大変だけどね。

| | コメント (6)

色鮮やかに

Photo_4

ムラサキハナナ

Photo_5

ボケの花

自然の作り出す色は、どうしてこんなに美しいのだろう~。

| | コメント (2)

最後の桜

Photo

義母が大切に育てているエビネです。

観光地では500円で売ってました。安いの??

Photo_2 山椒の葉っぱもそれらしく成長してきましたよ。

この青いのが実になるんだね~。

Photo_3 盛りは終わっちゃいましたが、ちょっと前のボタン桜です。

枝が重そうなくらい花を付けてます。

これがラストの桜かな!

| | コメント (6)

カエデとモミジ

Photo_10

赤い蕾が徐々に膨らんで、Photo_7

花を開かせたのは、ハウチワカエデです。

まだ葉っぱも開ききってません。

Photo_8 こちらは花がそっくりなイロハモミジちゃん。

Photo_9 そしてこちらは春なのに真っ赤な葉っぱのノムラカエデです。

Photo_10 夏になると緑の葉っぱに変わり、秋には紫赤になる不思議なモミジです。

| | コメント (6)

プランターエリア

春は花木類が一斉に花を咲かせるので、あまり目立たなかったのですが、

庭の植物も花盛りです!Photo_12

【アリッサム アブラナ科】

ちっちゃな花が集まって賑やかに咲いてます。

一本の茎から色んな色が出てくるから不思議よね~。

Photo_14 【ユリオプスデージー キク科】

冬の間も花を付けてましたが、春になって勢いよく沢山の花を咲かせてます。

Photo_15 3年目のミニシクラメンもまだまだ健在です。

こんなに咲いていて大丈夫なの?

Photo_16 【ウインターコスモス キク科】

秋に一旦花を落としたのですが、春になったらまた花を咲かせてます。

これではスプリングコスモスに改名せねば??

ところで、皆さんのブログから「母の日」の嬉しいプレゼント報告を見てたら、ダントツで「お花」が多いのですね。

私も義母に何を贈ろうか悩みましたが、家のまわりは花だらけなので、服(ブラウス)を贈りました。

そしたら、大変気に入ってくれて、今度の同級会に着ていくんだと喜んでくれて~~(*^_^*)。

プレゼントって貰う方も嬉しいけど、喜んでもらえると贈る方も嬉しいですね。

一年に一回の母の日!皆さんは何をもらい(送り)ましたか?

| | コメント (2)

小花が集まって~♪

Photo_6 【アジュガ シソ科】

小さな紫色の花が階層になって咲いていきます。

耐寒性の宿根草なので、どんどん増えております。

にしても、庭の草むしりが間に合わないcoldsweats01

Photo_7 【花スオウ マメ科】

目の覚めるような色鮮やかな花が枝に吸い付くように集まって咲いてます。

花をよく見ると、マメ科であることが解りますね。

Photo_8 【ヒサカキ ツバキ科】

1月頃から枝にびっしりと蕾をつけてましたが、4月後半になってやっと花を咲かせました。

お世辞にも綺麗な花ではないけれど、ちっちゃい花が集まって咲いている姿はちょっと健気よ。

匂いは・・・・ガス臭いの~。

| | コメント (4)

花桃??

Photo_9 一本の木から白・薄桃・濃桃と花を咲かせるこの木。

花桃の種類だとは思うけど、名前があるのかな~。

Photo_10 まるで「だんごさし」のような賑わいです。

Photo_11 写真はGW中のもので、今は葉っぱが目立ってきました。

| | コメント (4)

パステルカラー♪

Photo_3

【シラー(釣鐘水仙)百合科】

原色の花が多い中で、パステルカラーの花達は爽やかに見えますよね。

Photo_4

こちらは優しい色合いのピンク。

これから次々と花を見せてくれることでしょう。

Photo_5 日陰でひっそりと花を咲かせていたのは

【シャガ アヤメ科】

美しい花びらとは裏腹に、控えめな花です。

| | コメント (4)

ヤマブキの花

Photo_3

黄色い蕾が徐々に膨らんで~。Photo_4

花びらが眩しい八重ヤマブキの花。

Photo_5

こちらは一般的なヤマブキ。

Photo_6 そしてシロヤマブキの花。

色々な種類があるのよね~。

| | コメント (2)

フジの花

Photo

GW中に、ちょっと留守をしていたら、あっという間に花を咲かせた藤。

こちらは花も大きく色も濃い種類。匂いもとても強く、クマバチが寄ってきます。

葉っぱが後から出てくるのね。

Photo_2 こちらは普通の?藤。

藤棚の下は、一休みゾーンです。

| | コメント (8)

名前の解らない花達

Photo_12庭にある木ですが、名前が解りません。

白い繭玉のような蕾から、花が開くと・・・・。PhotoPhoto_2 透き通るような花びらが表れますが、開かないのね~。

こちらは野山で見つけた花。

直径5㎝ほどの花が彼方此方に見られます。

これがノイバラ??

| | コメント (4)

ロクロ体験

連休最後の日は、気のあった友達と三人で、会津方面へドライブに出かけた。

目的は、以前から行ってみたかった会津本郷焼きの窯元樹ノ音工房へ!

Photo

樹ノ音工房は本郷焼きの窯元の中でも新しく、伝統技法を取り入れながら、洗練された形が人気の窯元である。

今回はロクロを体験するのが目的。

手ひねりは何度か経験あるが、ロクロは初めてなの。

形になるかドキドキ・ワクワクしながら台の前へ。

Photo_3 でもスタッフの方が始めの型を作ってくれるので、初心者でもOK。

ゆっくりと指の腹で粘土をかたどっていくと・・・・なんとか形になっってきたような。

本当はカフェオレボールを作りたかったのに、いつの間にか「どんぶり」に変わっちゃいましたけどね。

自分の好きな釉薬を指定して、出来上がりは1~2ヶ月後とのこと。

ちゃんと使える物が出来たのか出来上がりが楽しみにしてましょっと。

Photo_4

工房には、値段もお手頃な商品がずらり~。

Photo_5 Photo_6 可愛い図柄もあるのね。

こんなカップでお茶したら、コーヒーも更に美味しくなるでしょう。

| | コメント (18)

花盛りな庭5

Photo 直径20㎝程の大輪の花を咲かせるモクレン。

近づくとと~っても良い匂いがしますよ。

我が家では一枝を切り、トイレの芳香剤変わりに飾ってます。

Photo_2 私の大好きな薄紅色のハナミズキ。

このハナミズキですが、昨年は根っこに虫が入り、瀕死の状態で花を数輪しか付けませんでしたが、義父が薬剤を注入し処置をしたお陰で、なんとか生き返り、昨年よりは多くの花を見せてくれました。

Photo_3 こちらはシャクナゲの花です。

花だけ見るとサツキに似てますね。

Photo_4

| | コメント (4)

野山の花2

五月になってもまだまだ健在なのが菜の花です。

Photo_7お天気でナノハナの黄色が眩しいほどです。

菜の花が咲いている畑の回りでは、田植えに向けて水田に水が張られました。

すると同時に夕方になるとカエルノ合唱が始まりました。Photo_8

Photo_9 こちらは裏山に咲いていた・・・多分「ノイバラ」。白に5辺の花びらに枝にはトゲがあります。

Photo_10 一見、桜やシロヤマブキにも似ているような~。

もし違ってたら教えて下さいね。

| | コメント (4)

野山の花

Photo_15 私の家の周りに自生している花達も可憐な花を咲かせていました。

こちらは姫蔓日日草(ヒメツルニチニチソウ)

Photo_16 写真では上手く色が出ませんが、濃い紫色の花です。

Photo_17 こちらはスミレです。

Photo_18 人に踏みつけられないように、ひっそりと咲いていました。

Photo_19 野草ならではの可憐な花ですね。

| | コメント (2)

花盛りな庭4

桜なの花見が終わったら次はツツジの出番です。

Photo_8 まずは可愛いパフスリーブのような花を付けるドウダンツツジ。

Photo_9 壺状の花を下から見上げると・・・・こんな感じです。

Photo_10 スズランにも似た小さな花が集まって、人気の庭木ですよね。

Photo_11 こちらはポピュラーなツツジ。

Photo_12 花の蜜を求めてミツバチもやってきます。

Photo_13 緑色の蕾の先が徐々に赤く色づいて・・・。

Photo_14 咲き始めたのはヤマツツジです。

正確な名前は解りませんが、蕾の付き方や、花の咲き方も違います。

葉っぱが後から出て来るんですよ。

| | コメント (2)

ネモフィラの丘

毎年、こぼれ種から花を咲かせていたネモフィラでしたが、今年は春になっても姿を見せません。

来年からはちゃんと種を採って育てるからね~。と園芸店を数店まわったが、時既に遅し。

私の好きなブルーのネモフィラは売り切れとのこと。

残念・・・・と諦めかけていると、車で通りすがりの小さな花屋さんでネモフィラを発見。

随分大きくなり、花も終わりの頃の苗でしたが、来年用の種採取の為にGET!!

このブルーの花に癒されるのよね~~。

話は変わりますが、ネモフィラ好きの私に、友人が教えてくれたのが、ひたち海浜公園です。時期になると辺り一面がネモフィラで埋め尽くされる「ネモフィラの丘」があると言う。

これは是非見に行かなくちゃ!!と、GWの予定に勝手に組み入れた。

どうせならみんなで行った方が楽しいじゃん。ってことで、夫、義母、叔母、叔父の団体さんを引き連れて常磐道を走る。実は日立市には親戚がいるので、その家に行くのが目的なんです。

それにしても母達の荷物の多さには・・・参りました。宅急便で送っても次の日には着くのに、山菜やら赤飯やらお菓子の数々を箱に詰める。たった2時間足らずで行ける場所なのにね。

と、またまた話がそれましたが、ひたち海浜公園は海沿いの広大な場所に、公園、遊園地があり、四季折々の花々が楽しめる場所です。

今回の目的はもちろん「ネモフィラの丘」を見ることです。

でも残念ながら、今年はネモフィラの生育が遅く、まだ咲き始めとのこと。

Photo 辺り一面・・・とまでは行かないですが、30,000㎡に450万本のネモフィラが植えられているそうです。

ネモフィラ ハゼリンドウ科の一年草。

こちらは「インシングニスブルー」と言う種類です。

このブルーと白の可憐な花大好きです。

Photo_2

盛りの頃になると一山一面がブルーの絨毯で埋め尽くされるそうな。

海風に吹かれて眺める花々は気持ち良いですよ。

Photo_3 こちらは白い花に紫色の斑点が美しい「マクラータ」と言う種類です。

Photo_6 花々を眺めながら、叔母の作ってくれたおにぎりをほおばりベンチで昼食。

園内には飲食店もありますが、お天気のよい日はお弁当持参で行くのが一番ですよ。

今度は、満開の頃にまた行きたいと思わせる素敵な場所でした。

| | コメント (10)

花盛りな庭3

花も綺麗で実も楽しみな一石二鳥?な花達。

Photo_5

こちらはユスラウメの花です。

本当は随分前から咲いていたのですが、撮影が遅くて、枝に残っていた数輪を撮影することが出来ました。

6月頃には赤い実がたわわに実る事でしょう。Photo_7

こちらは・・・路地植のイチゴです。

毎年、イチゴジャムを作るのが楽しみ。

| | コメント (2)

花盛りな庭2

一斉に花を咲かせる庭木達に、写真のアップが間に合わない~!

今日は桃シリーズ

Photo まずはキクモモです。

花びらの先が細長く、菊の花に似ているのね。

Photo_3 まるで、花坂爺さんが花を咲かせたような賑やかさです。

Photo_4 こちらは高台に咲いてる花桃の木。

濃いピンクが遠目にも鮮やかで目立ちます。

Simg_1340_2 左側の木は・・・・写真を撮る前に花が終わってしまった「ほうき桃」の木。

枝がまっすぐ空に向かって伸びるのが特徴です。

どの桃の木にも、直径2㎝程の実が成ります。あくまで観賞用なので、食べられませんけど。

| | コメント (2)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »