« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の22件の記事

エケベリア

Photo_3

肉厚な葉っぱ?の間から花が咲きました。

とにかく沢山増えて・・・・。

子だくさんな多肉植物です。

友達の所にも株分けしたのですが、育っているかしら??

Photo

| | コメント (11)

クランベリー

Photo_5

昨年、市のイベントに参加した時にいただいた寄せ植えが元気に育ってます。

これはクランベリーの花です。

花びらが反り返って咲くのね。

この花からどうやってあの赤い実がなるのか・・・・楽しみです。

| | コメント (6)

ニゲラとドクダミ

Photo_4

近所の方から分けていただいた【ニゲラ】の花が終わったと思ったら、どんどん膨らみまあるい実へと変わってきました。

風船のように膨らんだ実はさわると弾力があり、この中に黒い小さな実が沢山入っているそうな。

この種をこするとイチゴの匂いがするってホント??Photo_5

こちらは薬草としてポピュラーなドクダミの花です。

蕾の頃は先っぽがとんがってますよ。

黄色く見えるのが花で、周りの白い花びらのように見えるのが総苞というものだそうな。

ドクダミの名前は知っていても花を見る機会は少ないですね。

| | コメント (8)

ピンクの花・・・

優しい色合いのピンク色・・・・ですが、私は好んでピンク色の花を集めることはしません。

どちらかというと、ブルー系の色の花々を集めてしまいます。

それでも辺りには結構ピンクの花があるものですね。

まずは柔らかな葉っぱが魅力の【スイセンノウ(酔仙翁)】ナデシコ科。

Photo

庭木の根元や石垣の隙間に、ひっそりと咲いていたのは【アメリカフウロ】

小花ですが、気が付くと咲いている・・・・そんな花です。

Photo_2

Photo_3

そしていただき物のミニバラがまたまた花を咲かせました。

ピンクの花達は存在自体が愛らしく、思わず微笑みたくなりますね。

| | コメント (2)

ウツギ

Photo_2

白・ピンク・赤と色が変わる【ハコネウツギ】

色とりどりで、今が一番の見頃です。

漢字で書くと、ウツギ=空木とは何故に??

ウツギにも色々と種類があるようで・・・。

先日アップしたのは【バイカウツギ】、山道で出会ったのは【タニウツギ】でしたね。

Photo_3ず~っとお天気が続いておりましたが、東北地方もようやく梅雨入りしましたrain

| | コメント (4)

黄色い花達

Photo_6

道路脇や石垣の隙間でよく見かけるのが【ツルマンネングサ】です。

万年草の種類も色々あるようですが、葉っぱや花の形からしてこれはPhoto_7ツルマンネングサだと思うのですけど、ちと自信がありません。

こちらは数年前から我が家の定番花になっている【リトルチュチュ】ゴマノハクサ科

こんもりと繁る葉っぱに小さな花を次々と咲かせてくれ、葉っぱに触れるとフルーツのようなあま~い香りがするのが特徴ですcatface

基本的には一年草らしいですが、冬越しの管理さえ気を付ければ毎年花を見せてくれますよ。

Photo_8

少し前に、井戸の周りに咲いていた百合??ニッコウキスゲPhotoにも似ているけど・・・?。

そして黄色の花が溢れるように咲いているのが、【リシマキア・ヌンムラリア】サクラソウ科

寄せ植えのグランドカバーとして戴いたのですが、今ではプランターいっぱいに増えて、貴女が主役ですよ!

太陽の光の加減で、キラキラshineと輝く黄色い花には不思議な魅力があります。

もちろん、金運も魅力よdollar!!

| | コメント (4)

睡蓮とサツキ

Photo_3

菖蒲の花が終わった池にはスイレンの花が咲き始めました。

分かりづらいですが、写真の右下に写っているのが、スイレンの蕾です。

Photo_4

こちらは今が盛りのサツキです。

未だにサツキとツヅジの違いが解りませんが、花の咲く時期が遅い方がサツキなのでしょうか。

| | コメント (6)

ちょっと珍しい花?

Photo_2

【センダイハギ(千代萩)】マメ科

萩と言えば秋を思い浮かべるが、この萩は初夏に咲きます。

ず~っと、仙台萩・・・と思っていたら千代萩だったのね。Photo_3

シラー・ベルビアナ??だと思うんだけど、気がついたら咲いてた。

はて?誰が植えたの??

Photo_4 随分前に咲いていたレモンの花です。

蕾の頃はピンクで、花は白なのね~。はて、今年は実を収穫できるでしょうか。

| | コメント (6)

似てる?

Photo

鮮やかなピンク色の【ムギセンノウ(麦仙翁)】ナデシコ科

雨の中でもパッと目をひきますね。

花びらがカールするのが特徴なの。

Photo_2 薄いピンク色や優しい【ヒルサキツキミソウ(昼咲き月見草)】アカバナ科

風が吹くとフワフワと揺れて~儚げに見えますが、実は強いのよ。

寒さにも雑草にも負けないで増え続けてます。

| | コメント (4)

花の後には・・・

Photo_10

花の盛りが終わって、庭木達も様相を変えてきました。

まずは【サラサドウダンPhoto_11 花の頃は下向きに咲いているのに、実になると上向きに変わるの。

不思議よね~。卵形の実の上についてるのはアンテナ??

そしてこちらは【マユミ】です。

花が終わると早速実が角張ってきました。

Photo_12

こちらは【ハウチワカエデ 。タケトンボのような形が特徴よ。

Photo まあるい形が目をひく【オオバンソウ】

実の入り方が様々です。

Photo_2 ちなみにこちらが【コバンソウ】

庭には大判小判がザックザクですよ(^_^;)

| | コメント (6)

ユキノシタ

Photo_5

松の木の根元を埋め尽くすように咲いているのが、【ユキノシタ(雪の下)】Photo_6

下の二枚の花びらが大きいのが特徴。

足に見えるような、髭に見えるような・・・。

よく見ると花びらの濃さや模様が微妙に違うのね。

| | コメント (6)

溢れるように・・・

Photo_7

今が盛りのマーガレット。

とっても丈夫で、あちらこちらで見かけますね。

Photo_14 こちらはマーガレットよりも小さいノースポール。まだまだ頑張ってます。

Photo_9 そして春先から次々と花を咲かせていたのがカーペットビオラ。

ホントにカーペットのように広がり辺りを埋め尽くしております。

これだけ頑張って咲いていると、見ているだけで元気をもらえますね。

| | コメント (6)

ペチュニアとアルメリア

Photo ベルベットのような光沢が美しい八重咲きのペチュニア。

結構丈夫で、冬越しさえ上手くいけば毎年大輪の花を見せてくれます。

我が家のペチュニアは三年選手です。

Photo_10 こちらは【アルメリア】イソマツ科

小さな花が集まり、まぁるく咲く姿は可愛いですね。

こちらもとっても丈夫で育てやすい花ですよ。

花飾りのような花ですね。

| | コメント (4)

バイカウツギ

Photo_7 【梅花空木(バイカウツギ)】ユキノシタ科

梅の花に似た八重咲きのバイカウツギです。

庭の片隅、竹藪の側に咲いていたので、今まで見逃しておりました。

Photo_8

| | コメント (4)

赤い花・白い花

Photo_4

米粒ほどの小さな花が、枝にびっしりと咲いています。

一見、実のようにも見えるけど、ひとつひとつが花なんです。

でも名前が解りません。

Photo_5

Photo_6 こちらも井戸の側に咲いていた花。

毎年咲くんだけど、名前が解らないのよね~。

ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて下さいませ。

| | コメント (4)

至福の時

週末の楽しみのひとつは、気のあった友人とのカフェ巡りです。

女友達とだから行けるオシャレなお店をネットや情報誌から探して出かけます。

今回は、レストランウエディングも出来るフレンチレストラン「J&C倶楽部」に行ってきました。

コース料理でもランチなら気軽に入れるお値段です。

Photo 住宅街の一角にあるお店は解りづらいですが、と~っても落ち着いた時間を過ごすことが出来ます。

アスパラガスの風味が濃厚な美味しいスープにパンとサラダ。

Photo_2

今回は魚料理をチョイスしました。

甘鯛とホタテの季節の野菜添え・・・・。

色鮮やかな野菜達が綺麗で食欲をそそります。

Photo_3

そして、スイーツはワゴンで運ばれてきます。

その中から好きな品を好きなだけ選ぶことが出来るんですよ。。

その結果がこれ~。どれもこれも美味しいそうでケーキバイキング状態になっちゃいました。

実は欲張りすぎたと後から後悔しましたけど。。。。

こんな時間を過ごせるのも、気のあった友達とだからこそ。美味しい料理と楽しいおしゃべりに時間の経つのも忘れてしまいますね。

あ~っ、お腹いっぱいで幸せ・・・・・!

| | コメント (2)

カルミアとシュロ

Photo_3

コンペイトウのような可愛らしい蕾が魅力の【カルミア】ツツジ科。

Photo_4

花びらがパラソルのように開いて・・・・人気の庭木ですよね。

見れば見るほど、この花の虜になってしまいます。Photo_5

こちらの黄色い粒々は【シュロ】

の花です。虫の卵のようにも見えますが、一粒一粒が花なのね。Photo_7 

遠い南国を思わせるような花です。

| | コメント (4)

ニゲラ

Photo

先日、ポポーの花を見に行った近所のお宅に、この花の苗がた~くさんありました。

零れ種から増えたとのことなので、数株を譲り受け、早速植えたところ、なんとも可愛らしい花が咲きました。

Photo_2【ニゲラ】キンポウゲ科

咲き始めは白色で、徐々に青色に変わっていくのね。

蕾を沢山付けているので、これからが楽しみな花です。

| | コメント (4)

エゴノキとウルシ

Photo

久々の青空に、真っ白な【エゴノキ(チシャノキ)】の花が眩しいくらい。

吊り下がるように花がた~くさん咲いてますよ。

繭玉のような蕾も可愛いね。

Photo_2 そしてこちらは【ウルシ】の花です。

高い所に咲いているので見づらいですが、花が咲いている様子が解りますか??

肌が弱い人は近づいただけでもかぶれるとか。

秋には紅葉した葉っぱも綺麗ですね。

| | コメント (4)

ムラサキツユクサ

Photo_5

雨の日が続いて、気持ちが滅入ってしまいそうな時、目に飛び込んだのが鮮やかなムラサキツユクサの花です。

雨の中でも生き生きして咲いてるでしょ。Photo_6

こちらは色違いです。

丈夫な花で、雑草だらけの我が家の庭でも負けないで毎年花を見せてくれてます。

| | コメント (2)

里山からの贈り物

Photo

裏山を散策して見ると、

【ヤマボウシ(山法師)】ミズキ科と出会いました。

ハナミズキと似た花で、色は薄緑色から白色に変わります。

秋になると実も食べられるとか。

また楽しみが増えました。

Photo_3

小さな花を沢山咲かせているのは【ガマズミ】です。

栗の花のような匂いに誘われて、虫達が集まってきます。Photo_4

真っ白な花がた~くさん咲いてますよ。

秋には真っ赤な実をたわわに付けることでしょう。

Photo_5 そしてこちらが【タニウツギ】

今の時期、山道を走っていると、緑の山肌の間にピンクの花があちらこちらに見ることが出来ます。

道路脇に咲いていた花を撮影してみました。

寒さにやられたのか、花びらがちょっと痛んでました。

山の花には園芸種のような華やかさはありませんが、それぞれに素朴な美しさがありますね。

| | コメント (8)

ハマナス

Photo

バラ科のハマナス(浜梨)は、花は綺麗だけどトゲも鋭い。

ハマナスと言えば、海岸線に咲くイメージが強いですが、寒さにも強いので山地でも咲くのね。

そんな強さとは裏腹に、花期は短く、1日で散ってしまいます。

Photo_2

バラに似た良い香りが初夏を知らせてくれます。

| | コメント (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »