« ヤブつながり | トップページ | 実り »

夏を彩る花

お盆休みも終わったのにブログの更新、コメントの返信が滞っておりまして、遊びに来て下さった方々、どうもすみませんでした。

お盆休みは地元の夏祭りが行われ、3日間ほど出店を出しておりました。

お祭りは見るのも楽しいですが、出店していると、色々なお客さんとの触れ合いが何より楽しいです。

今回は初めての試みとして「金魚すくい」を出店したのですが、これがまた見ていると面白い。

「金魚すくい」=子供の遊びと侮る事なかれ。実は大人の方が本気になるようですね。

大人も子供も夢中になれる「金魚すくい」は奥が深い??

そして、一番人気は大きな金魚でも出目金でもなく、すばしっこく動き回るメダカでした。

さて、お盆休み中に撮影した花を紹介しましょう。

Photo オレンジにイエローとなんとも色鮮やかな【トウワタ(唐綿)】の花。

秋になると綿毛のようなフワフワの実がなります。

Photo_2 なんとも気の毒な名前【ヘクソカズラ(屁糞葛)】

いわゆる雑草で、蔦上に延びます。花は可愛いのに、茎や葉っぱに悪臭が・・・・。

Photo_3 【ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)】

秋になると茎が赤黒くなり、真っ黒な実が沢山成ります。

Photo_4 黄色が鮮やかな【マツヨイグサ(待宵草)】

メマツヨイグサ・アレチマツヨイグサ・オオマツヨイグサと種類がありますが、夕方に開花し、朝には萎んでしまう月見草の仲間です。

|

« ヤブつながり | トップページ | 実り »

「花」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~(^o^)/
お盆中はお忙しかったようですねぇ~。。。
ヨウシュヤマゴボウ、我が家の車庫の横にちょうど今咲いています。
2m程の高さで、やたらと大きく育っています。
植えた訳じゃないのですが、数年前から突然生えて来ました。
どうも鳥が運んで来たのじゃないかと思うのですが。
オオマツヨイグサは、道端に目立っています。happy01

投稿: 歌まろ | 2008年8月21日 (木) 16時50分

夏祭で金魚すくいですか、楽しいですね。主催者側に回るのも違った目で見えて面白いでしょうね。
トウワタは鮮やかな花ですね。どんな実ができるのでしょうか?
ヘクソカズラ、面白い名前ですね。花もちょっと変わった形ですね。
ヨウシュヤマゴボウは実はよく見かけますが、花そのものは初めて見たかも。
マツヨイグサは種類があってどれがどれだか区別できません。

投稿: とんぼ | 2008年8月21日 (木) 19時50分

トウワタは知りませんでした。
オレンジと黄色で見れば忘れませんね。

ヘクソカズラもヤイトバナも恐ろしい名前です。
お灸の痕? 真赤に燃えたお灸? どちらにしても怖い~~~~

投稿: とんとん | 2008年8月23日 (土) 12時30分

歌まろさん
我が家のヨウシュヤマゴボウも植えたわけではないのに毎年同じ所に生えてきます。
きっと野鳥からのプレゼント・・・ですね。
雑草は刈り取っても次から次へと生えてやっかいな代物ですが、花だけ見ると素朴で可愛いです。

投稿: karu | 2008年8月24日 (日) 00時19分

とんぼさん
写真の待宵草は多分「アレチマツヨイグサ」だと思うのですが、私も特定ができません。
野原や河原を覆うようにあちこちに咲いています。
黄色い小さな花を見ると、何故かホッとしますね。

投稿: karu | 2008年8月24日 (日) 00時26分

とんとんさん
トウワタは実を見れば唐綿の名前の由来が解ります。
今度は実の頃にアップしますね。

お灸の火傷の痕・・・・は見たことが無いけれど、想像すると痛々しいですね。

投稿: karu | 2008年8月24日 (日) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤブつながり | トップページ | 実り »