« キュウリグサ | トップページ | ギニアからの風 »

夢未来いなか塾

田舎に住んでいても、なかなか体験出来ないことがあります。

人生二毛作の田舎暮らし のブログを立ち上げ、いなかと都会のネットワーク作りを進めている「夢未来いなか塾」代表の田口さん達が主催した「竹の子掘り・山菜採り」のイベントに、友人のkatahiraさん、のんのさんと三人で参加してきました。

今回は横浜・東京方面からの参加者、地元の参加者、そしてスタッフの方を含めると70名位が集まりました。

お天気にも恵まれ、竹の子掘り、山菜採り、サヤエンドウの収穫、コケ玉作りと盛りだくさんの体験を楽しまれたようです。

私は今回はコケ玉作りのアシスタントをしておりました。

みんなで里山に入り、コケ玉に使う山野草を採取。

手入れされた里山はフカフカの腐葉土に覆われ、モミジやチゴユリ、ヒノキ等の山野草が沢山顔を出しております。

Photo_4

チゴユリの白い花が丁度見頃でした。

Photo_3

ちょっと山に入れば、山野草や山菜の宝庫・・・の田舎に住んでいながら、山菜を採ったことがないという人も多いのです。

山といえども、個人が管理しているので勝手に入るわけにはいきませんものね。

今回は、地元の方のご厚意で山野草を採取させて戴きましたが、名前の解らない山野草が多くて、質問を受けても???。

Photo_4 出来上がったコケ玉は今回のイベントの記念として可愛がって欲しいですね。

写真を撮影してなかったので、こちらは自宅のコケ玉です。

Photo_2 竹の子掘り初挑戦のお子さんも。

自分で採った竹の子は、さぞ美味しい事でしょう。

お昼にはみんなで竹の子ご飯と揚げたて天ぷら(タラの芽、コゴミ、ウルイ、ヨモギ、コシアブラ、桑の葉っぱ、柿の葉っぱ、そしてモミジ)を戴きました。

柿の葉っぱ、桑の葉っぱ(若葉)はモチモチして美味しいことを初めて知りました。

竹のハシに、竹の器、竹のコップ、そしてウルイの葉っぱの皿。

地元の方が朝早くから準備をしていてくれたお陰で、楽しい想い出が沢山出来ましたね。

帰りは両手に持ちきれないほどのお土産(山菜、タケノコ、竹細工)で皆さん大満足だったようです。

「夢未来いなか塾」の活動がこれからも楽しみです。

微力ながら私もお役に立てるよう頑張ります。

|

« キュウリグサ | トップページ | ギニアからの風 »

「お出かけ」カテゴリの記事

コメント

先日はお疲れさまでした。
”夢未来いなか塾”も5月で2年目に入りました。今年は正念場で、若干疲労感もでてきたところですので、新しい視点で、若者、ばか者、そして何よりもよそ者の視点で地域の宝を更に磨き上げていければとも思っています。
7月31日~8月1日(未確定)には、山形県の戸沢村で地域おこしをしています出川氏(NHKのクローズアップ東北で放映)においで頂き、”地元学”や”地域の宝探し”等行う予定です。高校生にも参加してもらう予定です。是非ご参加ください。
今後ともよろしくお願いいたします。(夢未来いなか塾  代表)

投稿: ゆうゆう | 2009年6月11日 (木) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キュウリグサ | トップページ | ギニアからの風 »