« ミュージカル | トップページ | 春の知らせ »

ふるさとの風景

私の実家は阿武隈山系のふところに包まれた小さな町である。

自然豊かなところで、子供の頃は野山を駆けめぐったり、川で遊んだりして一日中飽きることなく外で遊んでいた。

Photo

その風景は昔とあまり変わってないように見えるが、川や道路が整備され、住宅分譲地が出来、少しずつ町並みが変わってきているようである。

実家を離れて○○年、両親も他界し同じ県内にいても実家に帰ることは少なくなったが、たまに帰ると近所の人達が声を掛けてかけてくれる。忘れずにいてくれたことがとても嬉しい。

今日は父の命日で、みんなで墓参りに行ってきた。

3年前に突然この世から旅立った父。

父がいない現実をなかなか受け入れられずに、実家に帰る度に父の姿を探していた。

今は姿は無くても、ふとした瞬間に心の中で父や母に語りかけている。

父の想いはちゃんと伝わっているからね。姉弟仲良く、みんな頑張っているよ。

お墓で手を合わせると、「遊んでばっかりいないで、○○君(夫)やお父さんお母さんを大切にしろよ」

そんな声が何処から聞こえてくる。

ふるさとの風景は何年たっても変わらずにいて欲しい宝物だね。

|

« ミュージカル | トップページ | 春の知らせ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

karuさん~
こんばんは。
とても気持よくわかります。
一緒に住んでいなかった時間が長く
埼玉の家には、まだ父がいるかと思ってしまうほど、
時間が止まることがあります。
私は、いつか逢うことのできる両親に
いくつになっても褒めてもらいたくて
一生懸命過ごそうと思っています。
きっと逢えるよね、karuさんも私もねheart01
いつも思うの両親の娘でよかったと。
karuさんも同じですか。。。

投稿: ハトコ | 2010年1月31日 (日) 22時58分

ハトコさん
返信が遅れてごめんね~。
私もハトコさんと同じ気持ちです。
何かをやる度に、無意識に心の中で両親に報告している自分がいます。
幾つになっても認めて貰いたい、褒めて貰いたいって気持があるんだね。

投稿: karu | 2010年2月 4日 (木) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミュージカル | トップページ | 春の知らせ »