« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月の7件の記事

思い出と共に

今日は私の父の命日である。

時の経つのは早いもので~。もう4年にもなるのね。

昨日は弟妹家族が全員集まり、みんなで墓参りに行き、そして父の思い出話に花を咲かせた。

父の大好きだった「電氣ブラン」をお供えしてね。

アルバムの中の父は、お酒を片手に笑っている写真が多い。

Photo

よく一緒に温泉にも行ったね。

私は大してよい子ではなかったけど、

父に褒められたくて、父を喜ばせたくて、

父の笑顔が見たくて・・・頑張っていた気がする。

 

今の私も褒めてくれるかな?

 

きっと何処かで見守って、「頑張れよ~」と応援していてくれるてるかな~。

ガクチン語録より

「死ぬということは 人の中に生きるということ

 自分の中に逝った人々を 生かし続けるということだ」

| | コメント (2)

簡単ケーキ

昨年末位から、数回、料理教室を開いてますが、

そのなかで人気なのが「リンゴとサツマイモの簡単ケーキ」です。

Photo

リンゴもサツマイモも生のままでOK。

そしてざっくりと混ぜるだけのホントにお手軽なケーキです。

レシピを公開したいところですが、

来月の東和公民館主催の料理教室でも作る予定なので、少々お待ち下さいね。

ハルさんがアレンジレシピを作ってましたので、そちらもご覧下さい。

| | コメント (2)

枇杷

毎朝寒い日が続きますね。

この寒さで震えて、花など咲いてないと思いきや・・・・

実はひっそりと蕾を膨らませている花があるのです。

Photo

【枇杷の花】

決して美しい花ではありませんが、冬に咲く花の数少ない一種です。

実はこの枇杷には高い薬効効果があります。

昔からガンや慢性の病気を治すための自然療法ではびわの葉を使い、治療されてきました。

びわの葉を使った温灸や葉の焼酎漬けなどが良く知られていますね。

地味ながら、無限の可能性を秘めている枇杷。

厳しい寒さにも負けない強さを感じます。

| | コメント (0)

狂四郎様♪

このところ、頭の中がふわふわした感じで、地に足が着いておりません。

そして微熱もあるような~~気分。

風邪?インフルエンザ??

心当たりは・・・アレだhappy02

 

日曜日はGACKT様が主演している舞台の仙台公演に行ってきました。

【眠狂四郎無頼控(ねむりきょうしろうぶらいひかえ)】

「軟弱な男子がはびこっている現代に、こんな男もいるんだ、と素敵な男像・素敵なヒーローをこの時代に復活させたい」

という思いで120公演もの舞台をこなしているGACKT様heart04

そのお美しいお姿をしっかりと目に頭に心に焼き付けましたよ。

狂四郎様の多くを語らないけど、無骨な優しさや虚無感が伝わり、物語の中に引き込まれて行く。

そして舞台の脇を固めてる共演者がこりゃまた凄い。

田中健さん・嶋田久作さん・有森也美さんと有名所の役者さんが揃っており、

敵対する三雲迅雷役の嶋田久作さんの気迫ある演技にも圧倒される。

GACKTファンならずも楽しめるお芝居です。

ここで雑学

眠狂四郎の必殺剣法である円月殺法とは・・・・

月夜に刀が一回転ゆっくりと回る間に相手がじれてバランスを失ったときに切り裂く剣のことです。

Gackt

うぎゃ~。斬られたいlovely

| | コメント (0)

アウトドア料理作り

アチコチには、先日に降った雪が残っている土曜日。

夢未来いなか塾主催が薦めている「プロジェクトたけとり物語」として、竹を使った料理作り&アウトドア料理の試作会を行いました。

マイナス気温にも関わらず集まってくれたのは、いなか塾のメンバー&FIENOのメンバー&縁を繋いで戴いた方達の25名(多分)。

竹を切って器を作ったり、竹串を準備したり、火を熾したりとみなさん協力的ですね。

Photo_6 

今回のメニューは、普段家庭では作らない、野外ならではの焚き火で出来るメニューをチョイス。

作る過程も楽しんで戴きたいなっと思い準備しました。

メニューは

☆竹筒を使ったご飯作り

Photo_2

竹に米と水を入れて、炭の上へ・・・。待つこととしばし。

Photo_3

炊きあがったご飯に竹の香りが移り、と~っても美味しい。お焦げも絶品よ。

☆鯛の塩がま

Photo_4

ちょっと焦げましたが、塩の塊を砕いていくと、ふんわりと蒸し上げられた鯛が現れました。

塩味も丁度で大成功だね。

☆段ボールを使った薫製作り

Photo_5

薫製と言えば、専用の道具が必要と思いきや、

実は段ボールでも簡単に出来ちゃうんです。

今回はゆで卵・チーズ・ちくわを入れてサクラのチップで薫製すること2時間。

綺麗にスモークされて美味しく出来上がりました。

良くを言えば、後1時間位スモークして置くと、もっと味に深みが出たかな。

☆ダッチオーブンを使った丸鶏(スタッフドチキン)

今回用意したダッチオーブンは10インチでしたが、届いた丸鶏が大きく、急遽足を解体することに(汗々)sweat01

ニンニクをすり込み、ハーブ塩で味付けした丸鶏を、

なんとかダッチオーブンに入れ、炭の中へと放り込む。

暫くするとジュワジュワとお肉の焼ける音と匂いが辺りを包む。

待つこと1時間。そろそろかな?

火から下ろしてみると、こんがりと焼けたチキンが出来上がったよ。

皮がパリパリで中はジューシーで美味しいdelicious

しか~し、火力が強すぎて、中まで火が通っていないところもあった。

焚き火での火力調整は難しいのね。

これは次回への課題だわ。

(写真を取り忘れた)

☆定番の芋煮汁

これは間違いないっしょgood

大鍋で煮込んだ野菜たっぷりの芋煮汁は、体の心から温めてくれるね。

以上、盛りだくさんの5品目の料理は、みんなの協力で美味しく戴くことが出来ました。

御参加戴いた皆さん。楽しんで戴けましたか?

今回の経験を活かして、次のイベントでは参加者体験型の食作りをやりたいですね。

katahiraさんのブログでも写真をアップして下さってたので、こちらも見てね。→☆

| | コメント (0)

初叩き

昨年夏のジェンベ発表会からご無沙汰していたジェンベ村民の練習会ですが・・・。

先日、メンバーが集まり初叩きを行いました。

太鼓を叩くのはホント久しぶり~heart04

太鼓以外にあまり接点がないので(私だけ)、練習をしないと会う機会がないのよね。

久々の太鼓の感触を確かめつつ、リズムを確認。

あれ~。忘れてるよsad

半年前の記憶を辿りながら音を重ねていくと、体が?頭が?少しずつ思い出してきた。

太鼓の楽譜はこんな感じよ↓。

Photo

他のメンバーと一緒に叩けるのが楽しくてup嬉しくてnoteいつもニヤニヤしています。

太鼓ってストレス解消にもなるし、以外と体力も使うので良い運動にもなるね。

何より、音を合わせることによって、心が通じ合えるような感覚が好きheart02

もっと上手くなって、今年は何処かのイベントでデビューをしたい・・・という野望もpunch湧き上がってくるのでした。

| | コメント (0)

FUKUSHIMA癒しカフェ

小雪がちらつく寒~い日が続きますね。

冬の休日はコタツでミカン・・・ではなくて、

自分へのご褒美、癒しカフェへ遊びにきませんか?

【日時】 2月6日(日)AM11:00からPM5:00まで

【場所】 MAXふくしま4階AOZにて大活動室4

私は今回は、カフェメニューの中で、「玄米リゾット」をお出しします。

主催者であるオリエンタルムーンの夕子さんとは、

昨年は アジアンフィールドの風のイベントでご一緒させていただきました。

その時にお出ししたまかないメニューを大変気に入っていただき、

今回の出店へと繋がったのです。

ほんと、有り難いですね~。

玄米リゾットは、只今試作中ですが、

地元で採れた旬の野菜をたっぷりいれ、ハーブをアクセントに

お腹の中から温まっていただけるメニューにしたいと思います。

是非、みなさん遊びに来て下さいね。

癒されますよ~。

以下、オリエンタルムーンの夕子さんのブログより

****************************

FUKUSHIM癒しカフェ
とは

カフェとサロンのコラボレーションみたいに
カフェでお茶しながら
気軽にエステやマッサージ、占いやセラピーを体験できる空間です



入場無料ですが
各ブースにて料金は発生します

(料金はリーズナブル
カフェメニューは100円から
癒しメニューは500円から)



●MAXふくしま4階AOZにて

●2月6日(日)
11時から17時まで


【カフェメニュー】
・ハーブのお菓子
・福島の果物のスィーツ
・玄米リゾット
・ハーブティー
・紅茶
などなど


【癒しの体験メニュー】
・占い
・アロマテラピー
・カラーセラピー
・整体
・エステ
・リンパセラピー
・マナヒーリング
・オーラクレンジング
・レイキヒーリング
などなど


【販売】
・手作りアクセサリー
・パワーストーンブレスレット&ストラップ&指輪
・浄化グッズ
・ビーズ&スワロフスキーアクセサリー
・シュシュ
・生活の木&フレーバーライフ社のアロマグッズ
などなど

アロマのよい香りに包まれ
ゆったり心地よいヒーリングミュージックが流れている空間です

お気軽に遊びに来て下さいね。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »