« ダーチャ村の様子 | トップページ | 夏野菜 »

ちまき作り

みなさん、「ちまき」って知ってますか?

よく中華料理で出てくる三角の・・・は、中華ちまきと言って、味おこわが入ってますが、

福島で「ちまき」と言えば、笹の中に餅米を入れて茹でただけのものです。

ちまき(粽)はね、携帯食や保存食として昔から食べられてます。

竹には抗菌作用があるので日持ちがするのよ。

福島では「ちまき」に使うクマザサの新葉が取れるのが6月頃なので、旧の端午の節句に合わせて作ります。

子供の頃は、季節の行事として、家族全員で「ちまき」を作り、菖蒲湯に入った思い出があります。

そんな懐かしい「ちまき」を一緒に作ってみませんか?

7月10日、ダーチャ村(岩代)で自然の中で遊ぶイベントを行います。

詳しくはこちら→すまいるりーすatダーチャ村

 

先日、ちまき用のクマザサを求めて、裏磐梯まで行ってきました。

Photo_7

クマザサは近隣にもあるけれど、大きさが揃わなかったり、育ちすぎて固くなると巻きづらくなるのよね。

茹でた餅米に笹の香りが移り美味しいよ。

Photo

|

« ダーチャ村の様子 | トップページ | 夏野菜 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダーチャ村の様子 | トップページ | 夏野菜 »