« プチ講座 | トップページ | 亀の卵 »

知ることと知らなくてもいいこと

私の住んでいる地区では、毎朝6時45分になると、防災無線(各家庭に取り付けてられている)で、放射能の測定値を放送している。

○○地区、○○ミリシーベルト・・・・・。

毎日、殆ど変わらない数値を放送しているんだけど、

これは安心していいよってことなのか、変わらずに注意しなさいってことなのか?

避難区域でないから安心ってことではなく、スポット的には非常に高い数値を示している場所もあるんだよね~。

特に意識している訳ではないけれど、あちこちから放射能が・・・、セシウムが・・・との情報が入ってくる。

必要なことなのかもしれないけど、もう知らなくてもいいかなっ!って思ってしまうよ。

 

話は変わるが、イベントや講座で食べ物を扱っていると、「これはどこ産ですか?」「どのように育てているのですか?」との質問を受ける。

食べ物は直接身体の中に入る物だから、少しでも不安があるものは遠慮したいのは当然のことだ。

以前であれば「福島産の○○で育てた野菜ですよ」と自信を持って言えたんだけどね。

召し上がる方に安心していただくために、あえて他県の食材も使ってます。

知ることと知らなくてもいいこと、どちらも自己判断が必要ね。

1

夏の日差しを浴びてスクスクと育っている稲穂。

いつもと変わらない風景なのに、

この米は大丈夫だろうか?との一抹の不安をぬぐい去れない。

どうか美味しい新米が食べられますように。

|

« プチ講座 | トップページ | 亀の卵 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プチ講座 | トップページ | 亀の卵 »