« イタリア料理レッスン | トップページ | 今年のボージョレは? »

閖上の日和山

確かにそこには生活があった。

家々が立ち並び、約7,000人の方々が元気に暮らしていた。

4_2

震災から1年8ヵ月がたった昨日、地元の天台宗の寺院(仏教青年会)の研修のため、名取市閖上地区を訪れました。

地区の中心にあり、6メートルほどの高さにある「日和山の神社」から見えるのは、建物の跡だけが点在する荒涼とした景色だけ。

Photo

東日本大震災から1年8ヵ月が経ち、ガレキは撤去されたものの、全てを一瞬で失った証がそこには残っている。

その時の様子を思うと、やりきれない思いでいっぱいになる。

神社の供養塔の前で、お経を唱えご焼香し、ご冥福をお祈りしてきました。

みんなに穏やかな日々が訪れますように。

3

辺りにはガレキの山が・・・

5

仙台空港は復旧したものの、周辺は手つかずのまま・・・。

6

塩害で荒れ果てた土地にも少しずつ緑が増えてきた。

いつかまた、笑顔溢れる土地となりますように。

|

« イタリア料理レッスン | トップページ | 今年のボージョレは? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリア料理レッスン | トップページ | 今年のボージョレは? »