« 梅の花 | トップページ | ふくしま癒しカフェ 【春爛漫】 »

見守り隊

地元の敬老会長を務める義父の日課は、

平日の午後2時になると、近所の小学校の下校時間に合わせて、通学路の交差点に立つことである。

通称「見守り隊」と呼ばれ、子供達の安全の為、ボランティアの活動を行っているのである。

会長という立場から、率先して始めた活動だったろうが、

子供達からは「武田さん!」と呼ばれ、

毎日言葉を交わすうちに、いつしか楽しみとなったようである。

夕食時には、今日は○○な事があった・・・などと嬉しそうに話してくれる。

真夏には照りつける太陽と戦いながら・・・、

寒さに凍える日もあったろう。

それでも、子供達の為、「見守り隊」の黄色い帽子を被り、信号機のない交差点に立っている。

3月で敬老会の会長職を退く父。

6年間、お疲れ様でした。

でも「見守り隊」の活動は、今後も出来る限り続けて行くだろう。

Photo_2

マンサクの花が咲いてました。

|

« 梅の花 | トップページ | ふくしま癒しカフェ 【春爛漫】 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅の花 | トップページ | ふくしま癒しカフェ 【春爛漫】 »