« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月の11件の記事

ローズガーデンの住人

先日、友人の紹介で、とっても素敵な方と知り合うことが出来ました。

その方は、自宅の庭に185種類もの薔薇やハーブを育て、ローズガーデンを作られてます。

何故185種類と解るかというと、一つ一つの植えている場所と原種名をマップとしてまとめているからです。

薔薇って言っても、咲き方、色、匂いとそれぞれに違うのですね~。

Photo

Photo_2

これだけの花々を手入れするのは、本当に手間のいることでしょう。

きっと、花が輝くとびきりの瞬間に逢いたくて、丹精込めて育ててらっしゃるのでしょうね。

Photo_4

Photo_5   

ガーデンの片隅にはニホンミツバチの巣箱があり、花々の間を自由に出入りしてました。

そのハチミツも楽しみのひとつとのこと。

また、震災以後、食に対する考えが変わったそうです。

生きるための食ではなく、楽しむ食、旬を感じる食、と、一食一食を大切にして日々の生活をしているそうです。

なんて素敵なんでしょう。

音楽を楽しみ、育てること、作ることを楽しみ、

とっても自然体で、それでいて随所にこだわりがあって・・・。

こういう生き方を格好いいっていうのかな~。

豆から挽いたカプチーノもとっても美味しかったです。

Photo_6

緩やかに流れる時間がとても心地よい空間でした。

今週末があたりが見頃のようなので、また訪れたいと思います。

| | コメント (0)

笑顔のピザ作り

昨日は、二本松市で笑顔を繋ぐボランティアサークル「ひらそる」主催のイベントで、子供達と一緒にピザ作りを行いました。

ひらそるの活動はこちら→☆

とっても素敵な活動をしているね。

参加された方々は、ちょっとだけ体が不自由な子、震災により避難されている子、料理に興味がある子、お母さんに連れられて来た子と様々です。

一緒に美味しいピザを作ろうね。

まずは、ピザ作りの説明をして、生地をまあるくのばしてっと。

Img_1889

おおぉ、上手じゃないですか。

今回はサクサク、カリカリのクリスピー生地なので薄くのばしてね。

生地が出来たら、ソースを塗って好きな具をトッピング!

どれをのせようか、真剣に悩んでたね。

Img_1893

用意したのは

 ☆トマトソース

 ☆バジルソース

 ☆クリームソース

の3種類。

みんな自分のこだわりがあるようですよ。

ささっ、焼き上がった順に食べましょう。

大人達もご馳走になりま~す。

う~ん、サクサクでめっちゃ美味しく出来たじゃない。

Photo

チーズなしのシンプルピザも美味しいね。

色んな具が入ったオリジナルのピザが沢山できたよ。

似顔絵ピザとかハート型のピザもあったりと面白いわ。

少しずつみんなのをつまみ食いしてたら、お腹いっぱいだ~。

Img_1892

最後はみんなでニコッ!

子供達より大人の方が楽しんでた?

子供達が楽しんでいると、大人達に笑顔と勇気と元気を与えてくれるんだね。

この笑顔をもっともっと広げなくちゃ!

まずは自分が楽しみながら、もっと「すまいるりーす活動」を広めなくちゃ!!

そんな使命感が沸き上がる充実した一日でした。

さぁ、次は夏キャンプで流しそうめんをやるぞ~!

| | コメント (0)

ピザ作り体験

26日(日)は、「ひらそる」の主催で、子供達と一緒にピザ作りを楽しんできます。

「ひらそる」は震災以後、生活が一変してしまった方々に寄り添い、大好きな「ふくしま」に笑顔を取り戻そう! 笑顔と笑顔をつないでいこう!!という想いで活動しているボランティアグループです。

HPはこちら→☆

ハーモニーの「すまいるりーす活動」も同じ想いだよ~♪

一緒に福島を元気にしていこうね。

さて、今回はどんな具材を用意しようかなぁ。

子供達の感性にまかせて、オリジナルピザを作っていただきましょ。

 ↓ は昨年のイベントのピザです。

Photo_2  

カリカリのクリスピーピザを目指しましょ!

Photo

ご興味のある方、お手伝いに来てね♪

二本松交流センターで、10時からやってま~す。

| | コメント (0)

試験が終わったよ

昨年末から通い始めたメディカルハーブの講座ですが、

昨日、ようやく試験を受けてきました。

始まりの様子はこちら→☆

 

結果はどうあれ、大好きなハーブの勉強が出来たことは、とっても楽しかったですね。

少しの間ですが、学生の頃に戻ったような気分でした。

そして講座に通うことに賛成してくれた家族に感謝だわ。

この学びは、何かの折々に皆様の所へ届けて行きたいと思います。

はぁ、試験が終わってホッ!

Photo

昨年のひまわりでした。

| | コメント (0)

長閑な朝

朝早くから、トラクターの音で目覚める。

水を張った田んぼには、植えたばかりの稲苗が揺れている。

水面には太陽の光がキラキラと輝きながらエネルギーを放ってる。

おしゃべりな鳥達。

長閑だな~!

 

庭先ではレンゲツツジが朝日を浴びて嬉しそう♪

Photo

ヤマツツジは藤棚の影になって光を待ちぼうけ。

Photo_2

露地植えのイチゴ達。

今年も沢山の実りをお願いします。

Photo_3

さぁてと、今日も頑張りますか~♪

| | コメント (0)

青空と・・・♪

何をするにも良い季節となりましたね。

心地よい風に吹かれながら、見上げた空はどこまでも青く!

両手を伸ばして、思いっきり深呼吸♪

Photo

藤の花のまわりでは、クマンバチ(熊蜂)が大きな羽音をたてて飛び回ってます。

蜜を集めるのに必死の様子。

クマンバチは大きさの割に温厚だから、仕事の邪魔をしなければ襲ってくることはないからね。 

Photo_2

庭中が藤の花の香りでいっぱいです♪

Photo_3

Photo_4

庭の装いも初夏へと変わってきました。

| | コメント (0)

苗植え完了♪

5月12日、無事に「すまいりーす at Sunny Garden」のイベントが終了しました。

この笑顔に会いたくて、活動をしているようなものです。

ご協力下さった皆様、本当に有り難うございました。

苗植えの様子は→Sunny gardenへようこそ♪

Photo  

| | コメント (0)

ことづて

北海道アルバイト情報社様から、小冊子200冊が届きました。

私が初めてお会いしたのは昨年の9月末のこと。

北海道アルバイト情報社様は、震災を風化させないように、復興支援の一助になるなら・・・・と、三度にわたり来福し、福島各地の方々の現状を取材されてました。

その中で、私達のハーモニーの活動にも興味をもたれ、この度の掲載へと繋がったのです(*^-^*)

3月の取材の様子はこちらね→

私達の拙い説明が活字となり、このような小冊子としてまとめられるなんて、めちゃくちゃ嬉しいです(*^。^人^。^* )シアワセ!

Kotodute

Sunny gardenに植えられたラベンダーも、このご縁から繋がったものです。

ハーモニーのイベントで、または知り合いの方々に配りますね。

私達の他に、相馬焼きの窯元の方、花見山を守る会の方、JASP福島の方達も掲載されてます。

是非ご一読を!

| | コメント (2)

花盛り3

見た目が地味で見過ごしてしまいそうな小さな花ですが・・・

【ハウチワカエデ】の花です。

もうすぐ葉っぱに隠れて見えなくなってしまうよ。

Photo_12

こちらは、【春もみじ】

もみじと言えば、秋を連想される方が多いと思いますが,春の芽出しの頃もかなり美しいんだよ。

この種類は夏が近づくと、徐々に葉っぱが緑色に変わっていきます。Photo_13

Photo_14

花穂が伸び始めたのは【藤の花】。
濃い紫色の花が咲くんだよね~。

Photo_15

そんな花達を目当てに忙しく動き回っているのは

ニホンミツバチ達でした。

この巣の中にどれだけの蜜が溜まってるのだろうlovely

Photo_16

長閑な里山の春の一日でした。

| | コメント (0)

花盛り2

春は樹木達も一斉に花を咲かせるが、足元にも小さな花が健気に咲いております。

Photo_5

【スノーフレーク】

スズランのような、スイセンのような~。

和名は鈴蘭水仙って、そのまんまですね。

Photo_6

こちら↓は普通のスイセンね。

Photo_7

日当たりのよい斜面には

【ヒメツルニチニチソウ】が~花開こうとしてました。

Photo_8

【ハルジオン】

Photo_9

【くさのおう】

Photo_10

【菜の花】の群生はどんな花にも負けない迫力があるよ。

Photo_11

時折吹く心地よい風に揺られながら、なんか、春っていいな~heart04

そんな穏やかな一日でした。

その3へと続くrun

| | コメント (0)

花盛り1

季節は巡り、我が家の庭もすっかりと春仕様!

久々にデジカメ片手に庭散策をしました。

一際目立つのは

Photo

艶やかな【キクモモ】の花~heart01

同じピンクでも上品に咲いているのは【椿】の花heart02

Photo_2

眩しい白さなら【アセビ】でしょ。

Photo_3

いえいえ、こちらも負けてませんわconfident

壷形の花は似てますが【ドウダンツツジ】です。

Photo_4

その2へと続くrun

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »