カテゴリー「旅行・地域」の4件の記事

震災の教訓を学び語り継ぐ旅

かつてこの地には、人々の笑い声が溢れていたであろう。

そう、あの日までは・・・・。

 


この度、機会があり、「いわき地区被災地スタディーツアー」に参加してきました。
 

訪れたのは、福島県双葉郡富岡町。
福島第一原子力発電所から20キロ圏内に位置するこの町は、一部が帰還困難地域、一部が居住制限地域となっている。
2011.3.11から時が止まった街。
津波の爪痕がそのままに残っている。

Img_2767
かつては人々で賑わっていたであろう駅の構内。
目の前には穏やかな海が広がっていた。

Photo

ここが線路だったとは思うまい。
遠くに見えるのは第二原発?
Photo_2

桜のトンネルが有名な夜ノ森。桜並木を抜けた先はバリケードが張り巡らされた警戒区域である。
Img_2771_2
行き交う車も人もいない。カラスが住人のまさにゴーストタウン。
こんな場所が平和な日本にあるんだよ。
何故にこんな事になっているのかは言うまでもない。

 

続いて訪れたのはいわき市久ノ浜地区。
この地は津波と火災により多くの尊い命が失われ、住居が奪われた場所である。
震災から2年8ヵ月を経過し、ようやく復旧作業が始まろうとしていた。
新たな土地計画も進められるとのことで、辺りの風景が着々と変わろうとしている。
ガレキの向こうには雲一つ無い青空が広がっていた。
Img_2770_2

全てを失いながら、それでもまたこの地で生きよう!と覚悟を決めた方々がいる。
そんな人達が営むのは「浜風商店街」。
「シューズショップさいとう」のおばあちゃんは、自身も津波に巻き込まれながらもなんとか救助され一命をとりとめたという。
色んな思いを乗り越え、今はみんなが訪れてくれること、子供達が運動用品を買いに来てくれることが楽しみと語る。
ふれあい情報館には当時の様子を撮影した写真が掲示してあり、刻々と変わる被害の様子が残されていた。目を背けたくなるような状況ではあるが、私達はこの体験から学ばなければならない。
何があったのか、とっさの判断が明暗を分けているのだ。

Img_2768

いわき市は福島県の中でも温暖な気候と、豊かな海のめぐみが魅力の地区で、観光も盛んに行われおります。
訪れた日も、県外から可愛いお客さんがいらっしゃってました。

今年も5年前に放流した鮭が戻ってきていましたが、
避難者が戻れる日は来るのでしょうか。
Img_2772

今回のツアーは、「NPOふよう土2100」様にガイドをお願い致しました。
震災の教訓を学び、いま自分たちができることを発見し、未来へつないで欲しいとの思いで、日々スタディーツアーを行っているそうです。

サイトはこちら→スタディーツアー

伝え聞くのと、自分の目で感じるのとでは大きな違いがあります。
是非一度、”今のいわき”を体感してみませんか?

| | コメント (0)

北海道旅行③

旅の楽しみは・・・やっぱりその地の美味しいものを戴くことでしょ。

北海道といえば、ジャガイモにトウモロコシ、ジンギスカンにカニ~~。

味噌ラーメンにスープカレーと、全部食っちゃった。

そして美味しいお寿司。小樽には運河沿いに寿司通りがあり、

観光客で賑わってます。

Photo_4

でも、一番のお目当ては・・・やっぱりスイーツでしょ!!

中でも一番人気はLuTAOのドゥーブルフロマージュ。

ふわふわのチーズケーキです。

甘さ控えめで「んまいっhappy02!」ホールでいけちゃうよ~。

ネットでも購入できるので、興味のある人はどうぞ!

この日の小樽の気温は32度。真夏日じゃん。

北海道は涼しいと思いきや、メッチャ暑かった~。

北海道旅行でかなり日焼けをしたよ。

そして最後は忘れちゃいけないお土産。

定番の白い恋人に六花亭のチョコレート、ロイズのポテトチップス。

何故かどこでも買えるお一人様限定3個のジャガポックル。

自宅用にはやっぱり「カニ」だね。

○ニマルのほうが安い・・・と解っていても、お土産だと思うと財布が緩んでしまう。

大盤振る舞いで、タラバガニの足をお土産に。

カニを食した家族は、盆と正月と誕生日がいっぺんにやってきたような喜びようだった。

もう二度とないからね~。

で、私のお土産は・・・カニのカラだけでした。

でっかいどー、ほっかいどー(古っ。

今度行く時は、ゆっくりと美瑛~富良野を散策してみたいね。

| | コメント (0)

北海道旅行②

続いては、お待ちかねの富良野 ファーム富田へ~。

富良野といえば・・・ラベンダー畑でしょ!!

一面に広がる紫色のラベンダーが風に揺れて~~。

と、そんな風景を想像してたのですが、「ここがラベンダー畑です」とバスガイドさんが指さした方向には・・・・・こんもりと緑色の植物があるだけ。

そうです、ラベンダーの花期は7月上旬。まだち~っと早かった。

それでもやっぱり観光地。ちゃんと時期をずらしてラベンダーの花が楽しめます。

Photo_2

早稲咲きのラベンダーがとっても良い匂いで安らぐ~~。

・・・っと、ここで安らいでいる場合ではなかった。

ファーム富田にはラベンダーを加工した商品が沢山あるので、

それを見たかったんだ。

ラベンダーの蒸留工程から石鹸作り、パフューム作り、ポプリ作りを駆け足で見て、お土産を買って・・・・時間が足りない。

オシャレなお店が沢山あるので、一日いても飽きないくらい。

絶対食べたかったのはラベンダーのソフトクリームだが、これって美味い・・・の??

ラベンダー自体を食べることはないから、香りと色がラベンダーだってことで。

Photo_3

今の時期はラベンダーよりもロベリアが色鮮やかでした。

| | コメント (0)

北海道旅行①

ムシムシ・ジメジメの福島を離れ、ちょっくら北海道へ行って来ました。

層雲峡から美瑛、富良野、札幌、小樽と北海道の観光名所を駆け足で巡る旅です。

梅雨の無いと言われる北海道ですが・・・・着いた時には土砂降りの雨rain

遠くには大雪山が~~見えるはずなんですがfuji

まぁ、お天気はどうしようもないよね。

層雲峡の温泉にゆっくりと入って、日頃の疲れを癒しましょ。

それにしても中国・台湾からの観光客が多いな~。

二日目からはこりゃまた見事な晴天でsunsun

まずは人気の旭山動物園を見学

Photo

これがあの「空飛ぶペンギン」です。気持ちよさそう~。

Photo_2

シロクマも目の前で泳いでいて、迫力満点。

旭山動物園は観察型の動物園で、動物達の生態系を間近で見ることが出来ます。

特に珍しい動物はいませんが、大人でも十分楽しめる動物園ですよ。

続いて私が一番楽しみにしている美瑛から富良野へ

なだらかな丘には農作物がグリーンのグラデーションを広げている。

これが、秋になると色とりどりのパッチワークのような風景になるのね~。

Photo_3

遠くに見える山は十勝連峰よ。

Photo

何処を切り取っても絵になるよ。

いつかSunny Gardenもこんな風に花で溢れ、そして沢山の人が訪れるような場所に出来ればいいな~。

| | コメント (2)